なぜ孫の私が40歳で遠距離介護をすることになったのか?

今日は『なぜ孫の私に40歳という若さ?(若くないけど・・)で、遠距離介護がまわってきたか』という話です。

簡単におさらいすると・・・

祖母(89歳)の末期の子宮頸がんと余命宣告、そして母(69歳)の若干早い認知症発症、母の妹は夫が要介護で目が離せないというところまで、ブログで書いてきました。いろんな方にここまで話すと、決まって 『ところでお父さんは何してるの?』 という質問になります。今日はその父の話です。

22年前に出て行ったのですが・・・

22年前というのは、私が大学入学の時です。わたしを地元の国立大学に入学させたかった父でしたが、東京の大学が受かってしまいました。それに賛成した母に怒って、家を出ていってしまいました。

わたしはもちろんきっかけでしかなく、長年婿としての不満もあったんだと思います。その父は2006年に脳梗塞で倒れました。奇跡的に復活を果たし、リハビリも真剣にやったため、今ではほぼ普通の生活を送れていますが、私自身33歳の時に、1回目のプチ遠距離介護はスタートしていたわけです。

プチとわざわざ書いたのは、すぐ病院に行ったから早く復活できたので、わたしの遠距離介護はそんなにせずに済んだのです。ただこの時意識したことが2つ。

・夫婦同士お互いの面倒はみないということ。子供たちはそれぞれを面倒みないといけない
・プチ遠距離介護で、距離のハンデというのは相当あるなと実感したこと

このプチ経験がきっかけで、貯金をかなりして、いつ何が起きてもいいように準備をしました。いつ何がというのは医療費の準備というよりかは、自分が離職しても生活できる蓄えという意味です。今だから言えるのは、結果そういう準備をしていたから、今回の遠距離介護で仕事が辞められたということです。

前にも書いたのですが、私は仕事と介護の両立を、その両立をする苦労を美化することなく、仕事を捨てて介護だけに集中する生き方もありと思っています。もちろん家族構成や住宅ローンなどの経済状況を考えると、そんな選択をする人は少数です。両立させたいと思うのが普通です。一方で介護の重さ、介護する人数が、余命など、これらの経済状況すらすっ飛ばして、選択を強制的に迫ってくることもあります。

もうひとつわたし自身が介護疲れで仕事もボロボロというのはいやだったので、今介護に専念できている状況は幸せと自負しています。強制的に迫ってきたけど、準備があったから経験があったから自分は待ち構える余裕もあった・・・のかな??こういった話もいずれ別記事にしますね。

結局孫にまで回ってきてしまった
父と母の別居、その母の認知症、叔母も自分の夫の介護・・・結局祖母の面倒を見られる人が孫しかいなかった・・消去法でそうなってしまったわけです。その運命の瞬間はなんとなくいつかはあると思いながら、急に来てしまったので言うほどショックでもなくむしろポジティブにとらえるようにしました。

父にこの状況を報告をしましたが、別居22年の反応はというと 『そうか・・・』のみで、特に何をしてくれるわけでもありません。期待もしてなくって、予想通りの回答だったけど。迷惑だったのが、葬式の手配を仕事中にも電話してきてうるさくいうことでした。

『祖母の葬式は家族葬にしろ、互助会は入っているのか?』 『知り合いの葬儀社知ってるから、そこを使え!』

久々に父と話した内容がまさかの葬式話、しかも祖母はまだ生きているのに!連日のようにわたしと妹にこの件で、酔っ払いながら電話してくるので、次第に無視するようになりました。また介護で必要な車は父の別宅へ行って借りていたのですが、会いたくないので別途車を調達することにしました。

なぜ孫の私に遠距離介護が回ってきたのか? 孫以外に介護できる人がいないから・・・ これが理由です。わたしは45歳~50歳くらいにそんな時期が来ると覚悟していたのですが、まさかの40歳でした。ちょっと早いなぁ・・・・ この葬式話は正直迷惑だったのですが、ひとつだけ感謝したいことがありました、それはまた次回!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)