介護している人は「いい人」という期待には応えない

介護 いい人

東京ローカルでやっている「5時に夢中」という番組があります。かなりゲスい番組ですが、よく見ています。ゲストで乙武洋匡さんが出演されたとき、こんなことを言ってました。

乙武さん
障害者というだけで、物凄いいい人だとか真面目な人だと思われるんですよね

「周囲から過剰に期待をかけられたことがあるか」という問いに対しての乙武さんの答えだったのですが、これを聞いたとき、「介護者」もそういう面があるよなぁ・・・と思ったのです。

介護者がまず最初に言われること

初対面の人(特にメディアの取材)によく言われるのが、

女性記者
東京と盛岡を往復されているなんて、偉いですよね。親孝行されてますね。
男性記者
介護離職されて、ご苦労されていますよね。
くどひろ
あ・・・え・・・ま、まぁ・・・

ひょっとしたら本気、いや社交辞令・・・どちらでもいいのですがあまりに言われるので「苦笑い対応」がデフォルトでした。しかしだんだん慣れてきて、こう返事するようになりました。

くどひろ
いや、大したことないですよ。往復できるうちが華ですから。もっと大変な介護している人、いっぱいいますよ。
記者
いやいや、そうはいっても大変だと思いますよ

で、わたしが「いやいや、そんなことはないですよ」と言い返そうものなら、いつまでも「いやいや」言い続けて疲れ果てることになるので、「そーですかねー」と言って折れるようにしています。豊洲問題や東芝の決算ぐらい、決着がつきません・・・

頑張っているいい人だと思われるのは大変ありがたいのですが、当の本人は全くそんなこと思っていません。

介護業界のボランティアイメージについて

認知症介護=大変なことと思われ、それをこなしている人は間違いなく偉い人となります。介護者というだけで、物凄いいい人だとか真面目な人だと思われます・・・他の介護者は当てはまると思いますが、わたしは全く違います。

ある大手メディアの取材を受けることになって、ギャラについて質問しました。すると額が提示されたので受けたのですが、完全スルーされたことがありました。それ以来、お問い合わせの欄に「ギャラ提示」と書いたら、だいぶ取材が減りました(笑)

会社員以上に、フリーランスはギャラにうるさいのです。毎月決まった給料が振り込まれるわけではないので、全く安心する月がありません。それが楽しいとわたしは思っていますが、それゆえひとつひとつのお仕事に対して真剣ですし、その報酬も大切です。

いい人イメージから、ボランティア精神にあふれていると思われるのですがそれも違います。経済的にも介護的にも余裕ある生活ならば貢献したいのですが、まだそのステージまで到達できていません。本の印税も出版したときと、重版したときに臨時ボーナスが入るだけで、ふだんは1円も入ってきません。介護者→いい人→ボランティア→ノーギャラという流れ・・・

介護・福祉業界の「民間の」新ビジネスについて相談を受けることもあるのですが、わたしは決まって「がっつり儲けてください!」と言うようにしています。この業界にもボランティアイメージがつきまとっていて、儲けることが悪のように思われているのがイヤです。ビジネスが拡大すれば雇用も生むし、わたしもそういう便利なサービスを使ってみたいし、働く人の給料も増えて欲しいです。

わたしは「いい人」ではないので、その期待に応え過ぎて疲れないように生きていきたいと思ってます。いい人っぽい振舞いをして疲れたら、人生もったいないなと。

フリーランスになってからは会いたい人にだけ会うようになったし、薄い懇親会は極力避けるようにしています。「いい人」をキープするための集まりには参加はせず、仕事に結びつくかと面白い・興味がある・会いたいと感じるかというシンプルな参加基準です。昔は、ムリしている部分はあったと思います。

佐々木俊尚さんの朝8時ツイートを読んで数年になりますが、下記記事もいいな。日本人がイメージする「老後」の崩壊、本当にそう思います。この記事のとおり「緩いつながり」が、自分を支えているのは間違いないです。毎年、仕事相手や人脈が変わる・・・緩いつながりが楽しいです。

乙武さんの話をテレビで見て、イメージについて書きたくなりました。ブログは自分をそのまま出せるメディアなので、全く疲れません。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)