【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

集中力を維持するための3つのテクニック

集中

皆さんは、集中力をどうやってキープしていますか?

わたしが集中力を高める必要があるシーンは、本の執筆です。7月29日(水)発売の新刊『親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと』(翔泳社)は1年以上書き続けたので、集中力の維持が本当に大変でした。

そもそも集中力のないわたしが、どうやって集中力を維持し、本を完成させたか?次にご紹介する3つのテクニックを使いこなしました。

ポモドーロ・テクニック

ポモドーロ・テクニックについて、NEWSWEEKから引用します。

仕事や勉強、家事などのタスクを25分間続けた後に5分の休憩を取り、そのサイクルを最大4回続けるという時間管理術のことだ。

引用元:https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2019/03/post-11867.php

わたしはここまで厳密にポモドーロ・テクニックを実践していませんが、人間は集中力を維持できない生き物と初めから考えています。だから仕事を細切れにして、集中力を維持するという意識で本の執筆をしました。

わたしの場合は、元気なときは60分~90分頑張って書き続けるのですが、だんだん弱ってくると30分、20分置きに休みを入れ、他のことをやってから本の執筆に戻るようにしていました。

お店(場所)を変える

ある居酒屋でお腹いっぱいになった人が、次の居酒屋に行くとなぜかお腹に余裕ができ、また食べられるようになるという実験を、昔テレビで見ました。

確かに言われるとそうかも!と思い、このテクニックを応用して、集中力維持に使っています。

わたしは本の執筆を、コロナの前は主にカフェでやっていました。原稿を書き続け、煮詰まると次のカフェに場所を変えるようにしていました。するとあら不思議、環境が変わって集中力が復活するのです。

コーヒー代はそこそこかかるのですが、集中力が維持できて、書き続けられました。その中でも、原稿締切直前の追い込みに利用したのが、東京・両国にある江戸遊です。江戸遊は、スーパー銭湯というか、温浴施設です。銭湯なのに、「湯work」というコワーキングスペースがあります。

元々湯船やサウナ室だったお風呂場を改造して、仕事スペースを作ったので、元サウナ室にホワイトボードがあって会議室スペースになっていたり、浴槽のへりが机になっていたり、個室シャワーのところにクッションが置いてあって、見上げると水の出ないシャワーヘッドがそのまま残っていたりします。

わたしはオープンと同時に江戸遊に行って、まずお風呂に入ってリフレッシュします。館内着に着替えたあとは、パソコンを持って「湯work」へ。執筆に煮詰まったら、またお風呂へ入ります。これを何度も何度も繰り返すことができるので、無限に仕事ができちゃうという恐ろしい場所です。

会員デーに行くと、2150円(税込)。都市部のおしゃれなスーパー銭湯で考えれば、まあ普通の値段なのですが、カフェよりは高いです。これだけのお金を払っているのだから、真剣に執筆しないといけなくなり、自分をお金で追い込みました。

今度、執筆とか関係なく、ゆっくり6種類のお風呂に浸かりたいです。

ツァイガルニク効果

最後は、脳科学者の中野信子さんが紹介していた方法です。

やり切ったことよりも達成できていないことのほうが、より強い印象として残るという現象を、「ツァイガルニク効果」と呼びます。そしてじつはこれ、集中力が高いといわれる人ほど実行している方法でもあります。

引用元:https://diamond.jp/articles/-/214873?page=3

あえて切りの悪いところで作業を止める。わたしならば、章終わりまで到達しないところで、ぶった切って休憩します。そうすると、途中で止めたところの作業が気になって、次に始めるときも集中力が維持できるという方法です。

わたしは程よい小さな達成感を欲するタイプなので、ある程度のキリの良さは求めています。ただ、本の制作する編集の方、他の作家さんから見れば、なぜその中途半端なところで、作業を止める?と思うはずです。

ツァイガルニク効果は、本の執筆以外にも使っています。例えば、家事と執筆がタスクとしてあった場合、家事→執筆→家事→執筆みたいな感じで、それぞれのタスクを完全に終わらせずに、少しずつ残してぐるぐるタスクを回すようにしています。

中途半端に仕事が残っていて、気持ち悪い部分もあります。時には完全に終わらせてしまうこともあります。厳密にルールを決めているわけではありませんが、集中力の維持のためによくやっています。

皆さんはどうやって集中力を維持していますか?

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ