認知症治療・コウノメソッド実践医に母を診てもらいました(7回目)

2013年4月からスタートした認知症治療も、これで7回目になりました。今までの流れを簡単におさらいします。

今までのコウノメソッド実践医の受診と内容

第1回目(2013年4月)→ アルツハイマー型認知症と診断。フェルガード100Mのみを飲み始める、訪問看護を取り入れる
第2回目(2013年8月)→ フェルガードに加え、レミニール4㎎×1錠を朝服用 看護師・薬剤師による服薬管理をスタート
第3回目(2013年9月)→ レミニール 4mg→8mg に増量
第4回目(2013年11月)→ レミニール 8mg → 4mgに変更 祖母が死去
第5回目(2013年12月)→ 4回目を維持
第6回目(2014年1月) ?→ ?長谷川式テストで30点満点で28点(過去最高点)ピック病の疑いあり
第7回目(2014年2月) ?→ 今回の記事

アルツハイマー型認知症からピック病へ変更

前回の受診で、アルツハイマー型認知症から ?「ピック病」 ?への診断へと変わりました。理由は2つで、

1.長谷川式認知症スケールにある 「さくら、ねこ、電車」 を完璧に復唱できる
→ 「遅延再生」 という設問で、アルツハイマー型の人にはかなり難しい設問。でも母は、いつも満点。

2.時計描画テストが完璧にかける
→ 時計の絵を書いてもらい、最後に10時10分を書く。アルツハイマー型の人は苦手で、母は完璧。

これらは 1年通して” 完璧なので、「ピック病」 という診断になりました。先生も何回か診察しているうちに、「ピック病」 の疑いを持っていたようです。今回の受診はそれをさらに確定させるため、約1年ぶりにCTをとりました。

CTの結果

先生: 「結論から言いますと、1年前とほとんど脳の状態は変わっていません」

先生: 「よーく見ると、左側側頭葉に違和感はあります」

ピック病の3つの種類の説明を受け、メマリーとリバスタッチの服用を今後考える事も検討しつつも、今はフェルガード100Mのみで継続という診断になりました。委縮があると言われると、さすがにへこむのですが、それがないだけホッとしました。

「ピック病」 は認知症の中で最も改善しやすい

今回の受診で先生が言っていたのは、

「ピック病は最も改善しやすい認知症のタイプである」

ということです。コウノメソッド2014にも 「ピック病はなぜ改善しやすいか」 というページがあったので、先生が言っていたことと合致してます。、アルツハイマー型からピック病へ診断が変わったのは正直うれしいです、改善の可能性が高まったためです。

ただ、目に見えて母の認知症の症状が改善されているかというと、やっぱり疑問なんですよね・・・

脳は委縮してないし、長谷川式認知症スケールの点数もいい。アルツハイマーから、ピック病へ ・・・ 決して悪い方向へは進んでいないんですが、やっぱり日々の行動は相変わらずおかしいのです。

病院に行くと、ほかの認知症患者さんにたくさん会います。ついつい比較してしまうんですが、うちはかなり恵まれている方だといい聞かせてます。でも、生活していると、同じ事は何回も言うし、風呂は入らない。話は一方的で暴走気味で・・・・

わたしがもうひとつ気になっているのが、「シャルコー・マリー・トゥース病 と 認知症 の関連性」 です。

ネット上のどこにもないし、やはりシャルコーの家族会に参加したりして、一度問い合わせてみないといけないと思っています。認知症は本当に奥が深い病気ですよね・・・・次回は3月上旬の受診です、最近は1ヶ月に1回の受診にしています。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)