【司法書士・弁護士には頼らない】ひとりで成年後見人の申立(手続き)にチャレンジしてみた!

成年後見制度については、知るきっかけ → いきなり裁判所に行って、説明を受ける というところまで、お話してきました。わたしの場合は、司法書士や弁護士に依頼せず自分で全部やりましたので、高いお金をかけたくない人は参考にしてみてください。

今日は裁判所で説明を受けた後、成年後見人としての手続を開始するまで(申立という)の体験記です。

裁判所で説明を受けたんですが、『一般の方は1回で分からない場合が多いので、電話で質問してください』 と言われました。確かに1回では分からず、電話は結構しました。まずは頂いた書類に書いてあるものを、集めるところからスタートです。

必要な書類は下記がすべてです。詳しくは最寄の家庭裁判所で確認をしてください。ここから強烈な眠気が襲ってきますので、眠りたくない人は箇条書きはさらっと見て、下までスキップしてください。 

提出書類(本人分→今回は祖母)

  • 戸籍謄本 <祖母の住んでいる市役所>
  • 住民票 (世帯全部・省略なし) <祖母の住んでいる市役所>
  • 本人が登記されていないことの証明書 (最寄りの法務局か東京法務局)
  • 診断書 (裁判所から所定の診断書が渡されるので、それに書いてもらう) <かかりつけ医や入院先>
  • 不動産に関する資料 (固定資産評価証明書(資産証明書)、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)) <市役所と法務局>
  • 預貯金に関する資料 (通帳のコピー)
  • 保険等に関する資料 (保険証書のコピー)
  • 有価証券に関する資料 (株券、国債、投資信託などの取引残高報告書コピー)
  • 定期収入に関する資料 (年金証書のコピー、給与明細書のコピー、賃貸借契約書のコピー)
  • 負債に関する資料 (借用書、ローン契約書、支払明細書のコピー)
  • 支払内容を証明する資料 (入院費用、施設利用の領収書コピー(過去3か月分)、健康保険税通知書、介護保険料通知書、固定資産税通知書、家賃・地代の領収書のコピー)
  • これらすべての資料の原本も必要

提出書類(申立人分→今回はわたし)

  • 後見開始申立書
  • 質問票1,2
  • 親族関係図
  • 誓約書
  • 財産目録・本人の収支予定表
  • 同意書 (親族が後見人候補となる人に同意している場合は、親族にサインをもらう)
  • 印鑑

申立する時にかかる費用

  • 収入印紙 800円 (裁判所の審判手数料)
  • 収入印紙 2,600円 (後見登記に使用)
  • 郵便切手 3,550円
  • 鑑定料 5万円~10万円 (わたしは払いませんでした、たまに本人(祖母)をお医者さんが鑑定する際に医者に支払われるようです)

ここまで見て挫折しそうな人も多いですよね?そんな場合は司法書士や弁護士さんに依頼するのもありだと思います。

わたしはその費用(20万~30万)が惜しいので、有給をもらって仕事を休み、法務局と市役所を1日かけて回って集めました。遠距離介護ですぐ東京へ帰る必要があったので、必死でしたよ。

なんか資料いっぱいですよね? でも大丈夫です、わたしでも最後までたどりついたので、なんとかなりますって。

簡単に言うと、行ったこともない法務局と市役所をぐるぐる回るとだいたい資料は集まります。とりあえず言われた通り資料を集めるところから、成年後見人は始まります。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)