認知症の母が「1人暮らし」になったので、6つの追加施策を打ってみた

祖母が亡くなって、とうとう認知症の母1人(70歳)で暮らすことになりました。(今までも実質1人でしたが・・・)

この1年間いろいろと 「ひとり暮らし対策」 をしてきたんですが、さらに6つほど追加の施策を打とうと思います。最終的にはわたしが実家に帰るペースを落とすための施策でもありますが、本当にペースダウンできるか・・・悩んでいます。

1.インターホンを自動録画できるタイプに変更

意外と多いのが、訪問販売です。母は認知症なので、誰が来たか聞いたところで覚えていません。自動録画にすることで、誰が来たかわたしがチェックできるようになります。モニタータイプなので、玄関先まで出る必要はないんですが、ピンポーン♪ってなったら、ハーイ♪ と言って、玄関に出ちゃうんだろうなぁ~

2.固定電話機を自動録音できるタイプに変更

うちの母は会話は成り立つんですが、自分で約束しておきながら忘れてしまいます。ボタンを押して録音するタイプは結構あるんですが、受話器をとってすぐ、自動録音でないと忘れてしまうので、今ヤフオクで狙ってます・・・・

3.母の成年後見人にはならない

祖母の成年後見人になった理由は、母が通帳をすべて廃棄してしまって、銀行の口座を調べようがなかったからです。今の状態ならば、母の銀行の状態は把握できるので、今のうちにすべて把握しておこうと思っています。口座引落なども見直すつもりです。訪問販売対策的には、成年後見人になった方がいいんですが・・・

4.ガス台の変更

これは先日、記事にしたものです。IHも検討したんですが、使いこなせないだろうと。SIセンサーコンロ(突起がついて、温度が分かるもの)がすべてのコンロについていれば、なんとかなるんじゃないかと思います。今のガス台は3つのうち、1つにしかついてないんで・・・・

5.ガス釜から電気釜へ

うちの母は絶対に1合や2合炊きをしません。理由は ”おいしくない” から。いつも3合炊いて、それをレンジでチンして数日間食べます。レンジの方が明らかにまずいんですが、何度言ってもムダなので、好きなようにさせています。ガス釜は焦がしてしまうので、1合は捨ててしまいます。危なっかしいので、先日電気釜を東京から持っていきました。今まで使っていたガス釜(ニトリで買った980円)を押入れに隠して、東京へ戻ってきたんですが、妹からの恐ろしい報告が・・・

「ガス釜使ってたよ~」

え゛ーーーー、押入れに隠したのに、よく見つけたなぁ・・・目の前にある電気釜の存在に気づいてないんだなぁ・・・様子を見て、ガス釜は廃棄します。

6.母親の最期についての話し合い

今回、認知症の祖母を亡くして思ったのが、

「本人の意思が確認できるうちに、会話が成り立つうちに、いろんな事を確認しよう!」

ということです。延命治療や介護の方針、遺産相続のこと、葬儀のこと などです。祖母が亡くなる前は、こういう確認をする事に気がひけていました。でも今は、

「絶対に確認しておく」

という強い意志に変わりました。母の認知症もどんなスピードで進行していくか、分かりません。来年には、自分の事が分からなくなっている可能性だってあります。確認は自分自身、そして妻にも当てはまります。エンディングノートを購入しようかとも思いましたが、ネットで無料版もあるので、そちらでとりあえず準備しておこうと思います。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ