10分で聴ける介護ラジオ放送中!

認知症の母の爪切りの様子から得たある介護の気づき

ねぇ、爪切りどこ行ったか知らない? そういえばデイサービスの人に貸したった

認知症の母の口癖で、爪切りを探す素振りも見せないまま、居間のコタツに入った状態でこう言います。爪切りを探している最中に言ってくれるのならまだしも、探しもせずにただ言うだけの母。さらにものとられ妄想も若干入っていて、自分で失くしたのではなく貸したと必ず言います。

くどひろ
ほら、いつものとこに入ってるよ。ここ。

爪切りはいつも同じ場所にあって、母に見せると「あったあった」と言います。だけど、爪切りを使う気配がありません。こうした状態が1年以上繰り返されたあと、これまでの行動すべての点が1本の線になったのです。

認知症の母に自分の爪を切ってもらう

この日もまた、「爪切りどこ?」という母。いつものところに爪切りがあったので、今回は母に爪切りを渡して、母自身に切ってもらうことにしました。

母は手が不自由ですが、自分で爪は切れます。そんなに力が要らない爪切りを10年前くらいから使っていたのですが、どこかに失くしてしまい見つかりません。同じ色で同じ形状のものがマツキヨにあったので、それを新しく購入しました。

わたしはテレビを見ていたのですが、母の爪切りが思いのほか早く終了。新しい爪切りの調子がいいのかもと思って、ふと母の手を見たら想像と違った画になっていました。

一言で例えるなら、ネイルが大好きな若い女性の爪みたいになっていたのです。いつもはこんなに残さないのに、まあまあ爪の白い部分が残っています。

母に理由を聞いてみると、爪を切り過ぎのがイヤだから、ちょっとだけ切ったと。これまでもそうしてきたのならまだしも、そんな切り方はしていません。いつものように認知症の視点から考えてみると、今回の爪切りが全く違う光景に見えてきました。

認知症の人の視点で爪切りを考えた

母の言動から、おそらく次のことが推測されます。

  • 爪切りの場所が分からなかったから、爪を切らずに伸びてしまった
  • 爪切りの使い方自体が怪しくなっていた
  • 爪をどれくらい切ったらいいか、分からなくなっていた

さらに、爪切りを終えた母の手を見てビックリ。親指から順番に爪を切るのかと思いきや、親指、中指、小指を少し切っただけで終えていたのです。早く終わった理由がこれで、自分でどの指を切ったのかまで、分かっていないようでした。

認知症の進行状況から考えても、爪切りにまで影響してもおかしくはありません。でも、認知症介護の本をあれだけ読んでいても、爪切りの話は1度も見たことがありません。そんな日常まで、取り扱う本はないのかも。

やたらと爪切りはどこ?と言っていたのも、おそらく爪が伸びた違和感をわたしにアピールしていたのかもしれません。違和感はあるけど、爪切りの場所が分からない、爪の切り方が分からない、結果として、ネイル好きの若者くらい爪が伸びていたのだと思います。

結局、わたしが残りの爪を切ったのですが、今後はわたしが切るのではなく、できるうちは母自身に爪を切ってもらいます。ただ、今後は最後まで爪切りの観察が必要になりそうです。

音声配信voicyの最新回は、介護離職で本当に考えておくべきことの話です↓

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか