実は若い人ほど 「介護上手」?

介護 ” リアル” イベントによく参加してます。理由としては、

・「認知症」 や 「遠距離介護」 を学びたい
・自分の介護をよりラクにしたい
・介護体験者の生の声が面白く、ためになる
・このブログで情報をシェアするため (ブログのモットーに基づいてます)

こんな感じです。都内でのイベント参加が多いのですが、たまに実家のほうでも参加します。最近感じるのは、

「実は若い人ほど、介護上手なんじゃないの?」

と。年配の方は長く介護をしているし、いろんな経験もお持ちなので介護上手なはずなんですが・・・

介護イベント参加者の年齢や性別は?

やはり50代以上の方が多くて、60代や70代の方と話す機会が多いです。中には30代から介護が始まって、今40代という方もいて衝撃を受けました。これで衝撃を受けてはいけないのが、ヤングケアラーの皆様です。

ヤングケアラーとは、ティーンエイジャー(10代)が親を看る という若くして介護に直面してしまう方のことです。実際お会いしてませんが、話を聞いて驚きました。男女の割合は、やはり女性が多いです。男性は1割以下ぐらいかなぁと思ってましたが、実感としてはいつも2割以上はいます。

1968年当時は配偶者(お嫁さん)による介護が、約50%あった時代です。

「男は外で働き、女は家を守る」 

そんな時代でしたから、こんな驚きの数字になっています。2010年では配偶者は16.6%まで減少、代わりに夫16%、息子14%が増え、男性介護者も相当増えています。イベントに2割の男性がいることは数字からも普通で、本当はもっと増えないといけないですよね。

介護イベントでよく起こる事

介護のことを人に話す機会があまりないので、日頃の介護ストレスをたまったように話す方が多いです。最終的には介護ストレスから一時的に開放され、すっきりして帰られるんですよね。

ある50代女性は遠距離介護に悩んでいて、感情が抑えられず泣き出してしまいました。思いがあふれる瞬間は、何度か見ました。また、60代男性が、

「認知症の妻が同じことばっかり言ってさ、頭きてぶん殴っちゃったんだよね」

対応としては最悪・・って思いましたが、実際こういう方は相当数いらっしゃるんだろうと。介護って三者三様、それぞれ違うので

「こういう介護スタイルもあるんだぁ~」 「苦労されているんだなぁ・・・うちなんでまだまだ」

と毎回勉強になります。でも、介護ストレスがたまっているんでしょうね・・・・話が止まらない人も多くて、他の人の話も聞きたいのになぁ~ っていう事が、よくあります。(年齢のせいかな?)

「お父さん、ひとりで何分話してるの?」

と心の中で思いながらも、介護に使えるエッセンスだけはゲットしようと、冬眠状態を決め込みます(笑)

若い人は何が上手か?

若い方は ”情報収集が” 上手です。インターネットやSNSなどを活用して、介護情報を収集しています。もうひとつは、柔軟性です。やはり年配者としてのプライドが、邪魔しちゃうことがあるんですよね・・・そんなの分かっている的な・・・

「いろんな事を知っているほうが介護は楽になるので、情報収集が上手な若い人は有利」

って事が言いたいだけなんです。ということもあり、若い方のイベントでの発言に妙に注目していたりします。同世代で介護する友達や仲間がいない事もあって、工夫されていますよね。

一方で注目しているのは、年配の方の “名言” です。長年の介護経験から出る一言に驚くことがあります。認知症を達観していた年配の方は、

「すべて覚えている事が幸せなわけじゃない、忘れる事で幸せなこともある」

さすが年配の方の発言です。人間は些細な事をいつまでも気にしたりしますが、認知症の方はそれを忘れるから幸せな部分がある という発想がステキだなぁ~と。

「ははぁ~、恐れ入りました」

頭が上がらなくなりますね。他の方のパネルディスカッション形式が、一番効率よく情報を得られますね。実体験だし、いろんな人の話を時間内で聞く事ができるしで。

しかし、介護の世界で若い人っていくつ?なんですかね・・・わたしは40代ですが、イベントではいつも若い方です。50代の方も若い方、60代で平均でしょうか。介護を仕事をしている人(ヘルパーさん、看護師さんなど)は、もっと若い方が多いんですが、主介護者の世代はいつもこんな感じです。

本当は年齢も関係なくって、いかに情報を持っているか が重要なんですよね!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか