【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

風呂上がりのわたしと女性医師のYouTube認知症対談「家族介護のコツは離れること?」がアップされました!

記事タイトルに「風呂上がりの」とつけて喜ばれる人は選ばれし人であり、イケメン以外ニーズがないことは重々承知しております。しかし、今日ご紹介するYouTubeを実際にご覧になって頂くと、「なるほど!」と思って頂けると思います。

対談相手はあやか内科クリニック・白土綾佳先生

茨城県笠間市にある、あやか内科クリニック院長の白土綾佳(しらどあやか)先生。認知症だけでなく、全身を診て、なりふり構わない総力戦をモットーとされています。

わたしは1度、白土先生の講演を拝聴し、その後はメールをたまに頂いたり、企画していた講演会の件で電話でやりとりしたりしていました。そんなご縁もあって、先生のYouTubeチャンネル「あやか内科クリニック」に出演する機会を頂きまして、実質初対面でいきなり収録したものが今日ご紹介する動画です。

白土先生の病院のホームページに、わたしのブログについてこのように書いてありました。

介護家族の方に、ぜひじっくり読んで頂きたい!
複数の家族が同時に介護を要する状態になるなど、ともすればついていない…どと悲嘆にくれそうな状況に対しても、感情的になり過ぎずにさらりと受け止め、冷静に分析・対応するような理性と、介護に向き合うために仕事をやめるという愛情深い側面があり、人間的にバランスがよい方だな…と感じています。
ブログの特性上、情報が時系列で並んでいて情報を整理しにくい、という方は、書籍も販売されています。「医者には書けない~」とタイトルについていますが、本当にその通り!と深く頷きたくなるような、実際に経験した人しか分からない生活者の視点に満ちていて、私も診察時のアドバイスなどに参考にさせて頂いています。

引用元:https://www.ayakanaika.com/category38/entry112.html

お医者さまに認められて、めちゃくちゃうれしい!!ブログを定期的にチェックしてくださるお医者さまは全国にいらっしゃるのですが、1番わたしのブログや書籍について詳しいかもしれません。

YouTubeを見る前に知って欲しい撮影の裏側

わたしは岩手県盛岡市の実家、白土先生は茨城県にいて、Zoomを使って対談しました。

わたしの髪の毛が、動画の最初から最後までフワフワとなびき、立ってます。実家の部屋にはエアコンがなく、収録の音漏れが近所中にするので、真夏に窓を閉め切って対談しました。

フワフワの正体は扇風機で、扇風機なしでは収録に望めないほど暑い日だったのです。しかも風呂上がりで髪がサラサラしていたので、髪がずっと立っていてなびいています。

わたしの認知症介護のこと、白土先生が抱いていたわたしへの疑問、新刊のことなど、いろいろな話題を30分に渡ってお話ししています。介護家族に分かりやすいレベルまで下りてきて、質問してくださるので、初めてなのに本当に話しやすかったです。初対面&いきなり収録とは思えない、対談の仕上がりだと思います。

インタビューされる側はよくありますが、人にインタビューするのがわたしは苦手です。先生のインタビューは自然でお上手なので、そこも見どころだと思いますし、わたしの最新刊を読んでくださったので、その感想も収録されています。

また風呂上がりのため、わたしが完全に素で話してます。質問内容も事前に知らされていないため、受け答えが完全に素で、全く構えてません。

動画を見て、白土先生がもし認知症の問診をしてくださったら、皆さんどうお感じになられますか? 男女関係ないかもしれませんが、医師の診察室の空気感ひとつで、認知症の親の反応って大きく違いますよね?

変な緊張感を出す医師だと、素の親が登場しないのですが、白土先生のような方が診察されたら、素の親が登場して、診察室で医師と家族が症状を共有できるような気がします。わたしも素が出てしまいました。

皆さま、ぜひ「あやか内科クリニック」チャンネルのほうも登録をお願いします。白土先生の病院公式ページは下記になります。



今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ