【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

コロナ禍の今「東京の人」として岩手で触れた優しさの話

ありがとう

「絶対に帰ってくるな」「岩手1号はニュースだけでは済まない」

新型コロナウイルスの岩手に関する報道は、全国放送ではこういったものが多くありました。岩手で感染した方が見つかってから、その方への誹謗中傷の報道があって、ますますお盆の帰省を見送る方が増えたと思います。

わたしは6月29日に東京から盛岡へ帰ってきて、十分な健康観察期間を終え、すでに1か月以上滞在しています。現在も毎朝体温を測る習慣は続けておりますし、東京に居たときのレベルでアルコール消毒、マスク、うがいは欠かしていません。

報道とは違って見えた、現地岩手でのお話です。

レンタカー屋さんで触れた優しさ

認知症の母のものわすれ外来への通院のため、わたしは3、4年くらい前から格安レンタカーを借りています。途中、介護タクシーを利用していた時期もありましたが、突然サービスが終了してしまい、再びレンタカーを借りるようになりました。

ガソリンスタンドと併設されている格安レンタカー屋さんで、車を借りる手続きをするのですが、最近はある程度ネットで済ますことができます。しかし、現地でどうしてもやらなければいけないことが、運転免許証の提示です。

わたしは東京都民なので、運転免許証には東京の住所が記載してあります。スタンドのスタッフさんは、岩手県民。「東京の人がレンタカーをとうとう借りに来た!うちにもついに!」と、きっとざわついたことでしょう。

何なら、レンタカーの貸し出し中止、検温の実施、体調に関する質問、何かあるかもと覚悟して車を借りに行きました。

わたしは常連なので、一部スタッフさんは名前を覚えてくださってます。それくらいの関係なので、わたしからコロナ対策について話すべきと考えました。

ところが同部屋に、おそらく盛岡の方が2名ほどいました。もしわたしが東京から帰省した話をしたら、あの人たちは警戒してしまうかも。そう感じたわたしは、説明するのを止め、考え始めました。

「どうしよう、どうしよう」

ソワソワしていたところ、外で車の傷の確認をするタイミングがやってきました。

「今だ!」

わたしは、盛岡に帰ってきて1か月が経過していており、ずっと健康であること、今朝も熱がなかったことなどを、1人のスタッフさんに周囲を確認しながら説明し始めました。

すると店員さんが、こう言いました。

女性スタッフ
あぁ~、工藤さんなら大丈夫ですよ

わたしが介護中であること、どんな生活を送っているかを、説明したことはありません。ただ、レンタカーを長い期間、借りただけです。

お金は間違いなく払ってます、車には傷をつけてません。時間も守ってます。わたしが積み重ねた信頼はそれしかないのに、東京の人であるわたしを受け入れてくれるなんて。こんな優しい方もいるんだ、わたしは救われた気がしました。

実際に帰省したわたしへの取材依頼が増えた

このブログでは、コロナ禍の遠距離介護について包み隠さず、すべてオープンにして発信を続けてきました。

同じ立場の方は興味を持って読んでくださっていたのですが、お盆が近づくにつれ、実際に東京から岩手に帰省した経験者ということで、取材依頼が増えました。

岩手ではラジオでこの件を話し、いずれ他のメディアでも扱われると思われます。発信者として勇気がいることですが、わたしのような人もいるという事実も知って欲しいので、リスクを承知でオープンにしています。

ほかにも岩手の方の優しさ、情の深さに触れることがたくさんあり、ネガティブなことばかりではありません。「東京の人」という扱いが当たり前だと思っている中で、ちょっとした優しさに、何度もグッとくる瞬間がありました。

オープンにはしていないけど、わたしのように帰省している人もいると思います。きっと肩身の狭い思いをされ、誰にも会わずにこっそり生活していることでしょう。

このままではきっと、シルバーウィークもお正月も同じようなニュースで埋め尽くされ、ワクチンが出来上がるまでずっとこの状態が続くようでは、介護で往復している人も、帰省を見送っている人もつらすぎます。

勇気をもって、コロナ対策を万全にして、工夫して移動を決めた人の、正しい発信や報道がもっと増えることを祈ってます!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ