コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

【認知症】 「冷蔵庫を支配すること」 は行動も支配するということ

ズッキーニ

以前の母は本当に料理が上手で、冷蔵庫に何があるか完全に理解していました。ところが今は賞味期限の管理ができないし、いつのか分からない残り物が冷蔵庫を埋め尽くしています。

ここ数年は、息子であるわたしが冷蔵庫を支配するようになりました。わたしが支配するようになってから、冷蔵庫に入っているものはいつもワンパターン・・・

料理への恐怖心からか、母が間違いなく作ることができる料理の材料ばかりがいつもヘビーローテーションしています。

ある日のこと、妹が実家からズッキーニを持ってきました。(実際はこの倍の大きさ)
ズッキーニ

「これ、どうしよう・・・」

まずこう思ったのは、わたし自身でした。以前の母ならば、すぐにラタトゥイユを作ることができたのですが、今となっては単なる不思議な野菜でしかありません。

ヘルパーさんの買い物がありがたい

考えてみればわたしは妙な料理への恐怖心から、リスクのない材料ばかりを購入してました。ところがヘルパーさんが週1回買ってきてくれる材料は、斬新。主婦目線で、わたしが選ばないものを買ってきてくれます。

母のことを考えるならば、常に変わった材料を用意しておくべきなんです。しかし、この2年間でやってきたことは、あくまで作れる料理の材料をそろえることだけ。ズッキーニという野菜が冷蔵庫に入ってきたとき、

「もっと買い物する材料も攻めないとだめだなぁ・・・」

そう痛感させられたのです。

認知症において

ズッキーニを買うこと = 新しいことに挑戦する ということだったんですよね。でも、煮えてないニンジンの煮物を口にしたり、十分火の通らない鮭を食べると、どうしてもそれらを献立から排除してしまいます。

これは、失敗したこと = やらせてはいけないこと と介護者が判断して、どんどん可能性を狭くしていたんだなぁって。そして冷蔵庫の支配者になったわたしは、冷蔵庫以外のすべての行動でも支配者になっていたんだなぁと。

新しいことには常にチャレンジしているほうですが、それでもやっぱり行動にかなり制限をかけていました。

どでかいズッキーニを見ながら、パーッと駆け巡った頭の中の画が今日の記事です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか