認知症で独居の母が「規則正しく目薬を打てるか問題」をこう解決した

認知症 ひとり暮らし 点眼

8回目のケアプランの見直しのきっかけは、母の緑内障が確定したことから始まります。

緑内障は日本人の失明原因1位で、その症状に気づかない人が多いです。物を両目で見ているから、片目の視界が狭くなっていることに気づかず、ある日突然目の前が真っ暗に・・・実際に失明した人2人に、話を聞いたらこんな感じでした。

日本で詳しい調査をした結果、40歳以上の人では約20人に1人(5%)が緑内障で、その内8割以上の人は自覚症状がなく未治療です。さらに、70歳代では約10人に1人、80歳以上では約7~8人に1人が緑内障であることが分かりました。緑内障は、「早期発見」が大切です。40歳を超えたら年に1回、眼科健診を受けるようにしましょう。
引用元:https://eonet.jp/health/doctor/column19_1.html

母の緑内障が見つかったことは本当にラッキーで、最初の病院の眼科医が不思議な人でなかったら、こうはならなかったと思います。白内障の疑いがあり、妹が母を病院に連れて行ったのですが、そのたびに「なんかあの医者、なんか不思議だ・・・」と。

認知症同様、高齢者の眼科通いも長期化することは間違いないので、3回くらい受診してセカンドオピニオン。それが、今通っている眼科でした。

白内障はやはり白内障だったのですが、緑内障の検査も受けることになったのが、今年の7月。母に視野検査を受けてもらうと、どうやら左目の上の視野が欠けている模様。

しかし視野検査は、認知症の人にはかなり難しい・・・視点を1点に合わせたまま、周りがどこまで見えるかのテストなのですが、(わたしも試しに受けてみた)ボタンを押す意味を10分近く理解し続けることは、今の母には厳しいです。視野検査は誰でも難しいから、3か月以内にもう1回受けましょう、テストに慣れると結果も違うからということで、受けたのが先日でした。

眼科医に認知症だと伝えてなかったので、伝えようと思っていたのですが、視野検査以外にOCT検査という視神経を見る検査も実施してくれました。(この検査のほうが、認知症の人にはいいと思います)結局、どちらの検査から見ても緑内障が確定しました。

認知症で独居の母が目薬をどう打つか問題

緑内障の目薬は

  1. 1日1回、1滴ずつ(左目が緑内障ですが、両目打つことに)
  2. 眼から目薬がこぼれると、眼の周りが黒くなる
  3. この目薬は、まつ毛が伸びる

という、女性にはうれしいけど、やっかいなもの。

なので、母を仰向けに寝かせ、ティッシュで目薬がこぼれないように抑えながら、1滴だけ打つというマニュアルをわたしが作成し、デイサービス、ヘルパーさん、理学療法士さん、訪問看護師さんに配布しました。ひとりひとり口頭で伝えるより、この方が効率がいいし、何度でも確認できます。

母は元々ドライアイだと言って、1日に何度も目薬を差す習慣がありました。白内障の目薬はそれでも良かったのですが、緑内障の目薬はそうはいきません。

訪問看護師さん、薬剤師さん、ヘルパーさん、かかりつけ医に「独居で認知症で、緑内障の人いませんか?」と聞いたところ、施設で目薬を管理することはあっても、在宅で独居で認知症の人の例はないとのこと。

かかりつけ医、ケアマネ、デイ所長とそれぞれ話し合った結果、「みんなで」目薬を打つことになりました。今まで家に来なかった曜日(土日月)も、ヘルパーさんが家に来るようになりました。デイサービスで目薬、ヘルパーさんが買い物に来てくれたついでに目薬、訪問リハビリの前に目薬、みんなで目薬を打ちます。

わたしの家の冷蔵庫に目薬を置いておき、家に来た人はそこから目薬を出すという体制を整えました。冷蔵庫で目薬を冷やした理由は、訪問薬剤師さんの一言でした。

訪問薬剤師
認知症の人は常温で目薬を打つと、打ったことを忘れる人もいますよ。冷やしておくと、冷感が残るので目薬を打ったと分かりやすいです

母は自分で打たないから大丈夫なのですが、このノウハウは目からウロコでした。訪問経験のある薬剤師さんは、やっぱ違います。

目薬を普通に保管すると、母が目薬を見つけて何滴も差し、まつ毛が伸び、目の周りが真っ黒になって、盛岡にパンダが1頭増えることになります。しまいには笹を食い出す可能性もあるので、目薬は母が気づかない冷蔵庫の最上段で保管することにしました。

ヘルパーさんの来る時間がせっかく増えたので

目薬を差すだけだと、ヘルパーさんが来てもすぐ終わってしまいます。そこで、わたしが帰省していた時にやっていたことを、ヘルパーさんにお願いすることにしようと思ってます。まだきちんと伝えてなかった・・・。

  1. 入れ歯の掃除
  2. 母の髪の毛を洗う
  3. 冷蔵庫の賞味期限切れのものを廃棄する
  4. 冷蔵庫がカラになっていたら、補充してもらう
  5. 加湿器の水の補充

この体制になって、わたしの安心感は3割増になりました。今までは、家に誰もこない日がヘタすると3日はあったのですが、これからは毎日誰かが来てくれます。カメラでもチェックはしていますが、人間の目はより安心です。

緑内障は認知症同様、治らないので、目薬は一生続きます。それでも目薬を打っておけば、失明することはないですし、なにより認知症の進行ともリンクしています。視野が狭くなると、活動量が減り、認知症が進行してしまいます。

直近の講演会では必ず、この話をしています。皆さんのご家族も80代を超えていれば、おそらく白内障の目薬を打っているかと思います。そのついでにぜひ、緑内障の検査もしてみてください!シャンシャンのニュースを見たら、緑内障の検査を思い出しましょう!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 
認知症 ひとり暮らし 点眼

2 件のコメント

  • 先日、神奈川区での講演を拝聴したみどまるです。
    お母様の目薬、その後どうなったかな~~と思ってました。さすがの解決法ですね。
    盛岡パンダ見てみたかったですけど
    たくさんの助けを出していい、と少し心が軽くなります。
    寒くなってきました。お母様共々ご自愛下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか