10分で聴ける介護ラジオ 放送中!

エラーレス・ラーニングという認知症に効果的な介護方法って?

”エラーレス・ラーニング” という言葉を聞いたことがありますか?

エラーレス・ラーニングとは?

エラーレス・ラーニングとは、文字通りエラーをレスすること、エラーをなくした学習方法ということです。認知症の方が失敗しないように支援してあげること、常に成功体験の連続を生み出すことで、認知症の方の不安・ストレスを取り除く事を言います。

『そういえばあの時、やっちゃったよな~ あぁ~失敗した!』

認知症でない私でも、失敗体験ってやたらと記憶に残っています。いつまでもクヨクヨしてしまいます。そしてそれを思い出すと、なんかいや~な気持ちになる・・・・ 結局、失敗した記憶(エラー)は残りやすく、そして不安を生む要素でもあります。失敗を記憶すると、それが脳の回路にできてしまうので、記憶させないようにするのが、この方法です。

認知症の人にとって、こういった不安とかストレスは、認知症の進行を加速させる要素なので、エラーレス・ラーニングは失敗をひたすら取り除くのです。

エラーレス・ラーニングの具体例

では、具体的にはどういった行動が、エラーレス・ラーニングなの?というところですが、わたしの場合だとこうです。

『今日って何日、何曜日か分かる?』

わたしが認知症の母に対して、しょっちゅうしてしまう質問です。これで認知症の状態を試しているんですが、これがどうやらエラーレスラーニング的にはだめで、『今日は木曜日、×月×日だよ』 と教えたほうが、もし間違った曜日を言ってしまって、失敗(エラー)が記憶されるよりも、先に教えてエラーレスな環境を作ってあげる こんな感じでやるようです。

なるほど・・・・

これはこれでテクニックとして、頭の片隅に入れておいたほうがよさそうだなと・・・・結局、認知症においては、『注意して、言って聞かせて認知症患者に理解させる』ってよくないことなので、このエラーレス・ラーニングを知った時も、やっぱり同じなんだ・・・というのが、わたしの第一印象です。

褒めて、褒めて、褒めて 子供を育てるかのように、認知症にも応用する ってのが、やはりいいんですね。

これはリハビリテーションのテクニックとして使われているとのことですが、公式サイトや提唱者が見つからないんですよね・・・・

にほんブログ村 介護ブログへ
【2021年配信開始】『ちょっと気になる?介護のラジオ』 すきま10分を有効活用!


近距離、遠距離介護に関わらず、親と離れて暮らしている方すべてに向けた新ジャンルの本です。図表&カラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか