認知症の人に日付や曜日を繰り返し質問された時に役立つ「電波時計」オススメの8つはこれ!

電波時計

認知症の母がアナログカレンダーを見るたびに、

ひろ、今日は何日、何曜日?

何度も繰り返される質問に困り果て、試しに買ってみたデジタル電波時計(すぐ下のものを使ってます)。これを設置したおかげで、母の質問は激減し、わたしのストレスも大幅に軽減されました。さらにお薬カレンダー近くにも設置したことで、お薬の飲み忘れも激減、非常に重宝しているという話は、ブログや本でお話してきたとおりです。

最近、アナログ掛け時計の調子が悪くなって、買い替えが必要かな・・・そう思い、久々に秋葉原のヨドバシカメラに行って、ありったけの電波時計を見て触ってきました。(日本一かな?この売場)

カタログも読んでみた結果、わたしはまだまだ「電波時計の奥深さ」を分かってなかった・・・ということで、ご紹介します!

ウィークリーアラーム

この電波時計、曜日ごとにアラーム時刻をセットできます。うちで使うなら、火・金のデイサービスは8:00にセット、水の訪問リハビリは15:30にセットという感じです。毎日毎日アラーム時刻を変更しなくていい、すぐれものです。1日1回しか、アラーム設定はできません。いろんな用途に使えそうで、価格は3,000円くらいです。

アナログ時計の日付つき

アナログ時計に、日付がついてるタイプもあるんですよね。うちのアナログ掛け時計が調子悪いので、これ目的でお店に行きました。デジタル表示は好きじゃないという人は、こういう選択肢もあります。認知症の方でアナログが読めない方もいますので、注意が必要です。価格は5,000円くらいです。

デジタルマンスリーカレンダー

カレンダーのめくり忘れもないし、アナログカレンダーの感覚のまま、今日が何日か分かります。こういうタイプもあるんですね。価格は6,000円くらいです。

快適環境NAVI

温度と湿度から、インフル・熱中症・食中毒に注意という表示、さらに温度を上げて下げてという表示が出ます。母は温度と湿度の適正値が分からないので、いい機能です。でも、時計を見て、温度調節はしないだろうな・・・価格は8,000円くらいです。

高コントラスト液晶

現物を見ると分かりますが、かなり文字がくっきりして見やすいです。うちはこのタイプに近いものを利用してますが、月表示が小さくて、「今、何月?」という質問を最近は結構受けます。

電波時計全般に言えることですが、電池切れ予告機能があります。わたしのような通いで介護している人には、便利な機能です。種類がありますが、一番大切なのは「見やすいこと」、あとは「見やすい場所」です。

曜日拡大タイプ

何曜日という質問がやたらと多い場合は、こちらが便利かもしれません。

とにかく見やすさ重視

ということで、見やすさ最強の商品をご紹介して終わります。価格1.2万円です。店で思わず、「でかっ!」って言ってしまいましたが、実はこれくらいがちょうどいいのかな・・・

デジタル電波時計の話は、下記のわたしの本にも書きましたので、こちらもあわせてご覧ください。

医者には書けない!  認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂健康人新書)

医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂健康人新書)

工藤広伸
880円(04/04 12:01時点)
発売日: 2015/11/04
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

2 件のコメント

  • わが家でもまったく同じようなことがあって、かなり前に「デジタル日めくり」を購入しました。買った当時からしばらくの間は「これ便利」と好評でしたが、近頃はあっても目に入らず、気づいても読み方がわからずといった状態です。くどひろさんのお母様はまだまだ軽いですよね。今の状態がキープできるようがんばってください!

  • けろぴぃさま

    母は利用して4年目に突入しました。現在もフル稼働中です。60代で発症していて、医学的にはまだ若いので進行スピードを危惧しておりましたが、なんとかキープできています。

    90歳で亡くなった祖母(長谷川式で5点)はもう読めないかなと思ってましたが、試しに時計(アナログでしたが)を病室に設置すると気にするようになりました。
    たまにテストすると時間も分かってたので、すごいなぁと思ったものでした。

    やはり、個人差あるんですね。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

    カテゴリ

    アーカイブ