母が認知症になってから離れていく親族の心情を察する

認知症 距離 離れる

今年も無事、お盆を通過しました。

毎年恒例のことではありますが、お盆期間中ずっと質問攻めにあいます。

お墓はいつ行くの?和尚さんはいつ来るの?お布施はいくら包むの?親族は誰が来るの?お菓子は準備したの?

8月10日くらいからソワソワし始め、16日を通過するまで母はエンドレスに質問してきます。

それをホワイトボードや紙に書いて説明し、口頭で回答し続けるというストレスから回避するパターンなのですが、今年はいつもの年よりも質問回数が少なかったように思います。

おそらく、今がお盆だということを日常では理解していなくて、ニュースで「帰省ラッシュ」「お盆初日」みたいな言葉を聞いた瞬間にスイッチが入って、質問攻めにあうという感じでした。

離れていく親族はやむを得ない

母が認知症であることは、亡くなった祖母の葬儀のとき、喪主のわたしからひとりひとり事情を説明しました。

何かひどいことを言われたり、特別な反応があったわけではありませんが、それからあまり連絡がこない親族もいます。

もちろん皆さん高齢なので、ご自身の健康問題、配偶者の介護などが加わって、足が遠のくということもあります。もうひとつは、母の認知症が相当進行していると思い、遠のくというケースです。

親族
おうちへ遊びへ行っても、わたしのこと覚えていないかもしれない・・・

祖母が亡くなって5年になろうとしているので、母の認知症も5年分進んでいると思われます。きっと家を訪ねても、わたしのことが分からなくなっているかもしれないと考えるのも、おかしなことではありません。自分のことが分からなくなったというショックは、家族には衝撃ですが、親族にも衝撃があるので、それを避けたいという気持ちもよく分かります。

それでも毎年しれっといらっしゃる親族がいて、本当に頭が下がる思いです。認知症とか関係なく、お盆に毎年様子を見に来て、ホッとして帰られます。その方は、わたしが地元新聞に載っていることをしっかり覚えていたようで、

親族
新聞見たわよ~、ホントに立派だごど~ すごいわね~
くどひろ
シーッ!母はこのこと知らないんで、はい。内緒ってことになってますんで

親族にシーッと言っても親族は話を続けるので、わたしが大きな声でかぶせて母にバレないようにするという作戦をとりました。認知症の本を書いていることがバレると、認知症だとあまり思ってない母に引導を渡すことになりますので。

わたしはしょっちゅう母と接しているので、何とも思わなくとも、半年、1年と認知症の親族と会っていなければ、少し躊躇してしまうのはやむを得ないことなのかもしれません。母ではなく、わたしに電話で様子を探ってくる親族もいます。

親族
まだおうちにいるの。もうね、施設か病院に入ったかもと思ってたのよ~

秋の日はつるべ落としと言いますが、認知症の人の症状もつるべ落とし見たいなところも、正直あります。だから、そう思われてもしょうがないです。そういう言葉を掛けられたときに、わたしがいつも思うことは

くどひろ
いい意味で、親族の期待を裏切ることができてよかった~

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか