認知症の母がピアノ生演奏で『贈る言葉』を聞いたときの反応

認知症 ピアノ 生演奏

認知症の母と、ものわすれ外来の待合室で診察を待っていたときの話です。

待合室で母と会話していると、周りには、

  • わたし「が」知っている人がいて
  • わたし「を」知っている人もいる

という、不思議な状況でした。

わたしの講演会に来てくださって知り合った方と、わたしのブログを読んでくださっている方でした。わたしが知っている人もわたしを知っている人も、どちらも「くどひろ」として認識している人たちです。

母が横にいなければ、のびのびトークができるのですが、母には「くどひろ」活動のことは伝えていません。間違いなく「くどひろ」って、名前間違えて呼んでいると思うはずです。

正直なところ、母にバレたとしても忘れてしまう確率が98%なのですが、印象深いこと(人の死、北海道旅行)は覚えていて、長期に渡ってリピートすることもあるので、細心の注意を払っています。

それに細心の注意を払う必要がなくなる時期もいずれ来るので、これはこれで楽しい時期なんだと思います。

音楽のある風景

病院の待合室にはピアノがあるのですが、そのピアノを奏でる人がいないので、わたしの中ではインテリアみたいなものでした。しかし、この日はピアニストの村上与志也さんが、診察を待つ間に音を奏でてくれました。(記事タイトル下の写真が、実際のもの)

母とわたしは音楽と無縁の家族ですが、ひとつだけ意識していることがあります。それは昭和歌謡の番組を見つけたら、必ず母にそれを見てもらうことです。

母にその番組を見てもらうことが、「回想法」につながると思ってます。その曲を聞けば、昔のエピソードを話し出しますし、わたしはそれを聞いて「なるほどね~」とか「それ、ほんと?」とか言いながら、いつもとは違った話を聞くことができます。母との会話は、ほとんど聞いたことがある話ばかりなので、この方法を使うと若干ですがわたしがリフレッシュできます。

わたしの母が知っている童謡や歌謡曲を弾いてくださったので、親子で会話も弾みます。

あんたにはさ、英語やそろばんじゃなくて、ピアノ習わせておけばよかったわ~
くどひろ
分かる!そろばん3級とか持ってても、今となっては何の意味もないし

敢えて履歴書に「そろばん3級」って書いたら、面接官の笑いを誘って内定近づくかな?なんて思ったこともありましたが、実際にはやっておりません。昔、キヨスクでバイトしていたとき、5つ珠(たま)のそろばん(通常は4珠)を使いこなすおじさんがいて、その人のことをみんなが「ごだまさん」と呼んでいたことを、25年ぶりくらいに思い出しました。

わたしはやりたいことを実現してきたほうだと思うのですが、それでも挑戦できていないことはピアノとギターです。だから、楽器を使いこなせる人をうらやましい~といつも思っています。

しばらくすると、母もわたしも知っている、海援隊の『贈る言葉』が流れてきました。

隣にいた母を見ると、『贈るぅ~、言葉ぁ~ ♪』と自然と口ずさんでいることに気づきました。昭和歌謡の番組を見ていても、そんなに口ずさむこともないし、舟木一夫のコンサートに一緒に行ったときも、口ずさむことはなかったのですが、ピアノ生演奏で違うスイッチが入ったのだと思います。

母の認知症はゆっくり進行中ですが、「歌詞、きちんと覚えてる!」という小さな日常に喜んでしまうのは、どの介護者も同じだと思います。歌のタイトルも最初は分からなかったのですが、自分で口ずさんでいるので一応正解。今度は、誰が歌っているかを聞いてみました。

くどひろ
(髪の毛から耳を出す、物まねの定番の動作をしながら)さて、これは誰が歌っているでしょう?ヒントは タ から始まる人
タ?全然わかんない
くどひろ
タケなんとかで、ほら先生役で
あぁ、武田鉄矢ね

物まねは全く理解してもらえなかったのですが、それでも武田鉄矢という名前が出てきたことにまた「おお~」と思ってしまうわたしがおりました。

母が通っているデイは歌のレクリエーションとかなくて、誰かが歌い出したらみんなが歌うというステキなデイです。わたしはそのほうがいいと思っているのですが、やはりピアノ生演奏にしかない、何かってあるんだなぁ~ そう思えた、病院の待合室のお話でした。

ものわすれ外来に普通、ピアノないですけどね。

ピアニスト・村上与志也さんのブログはこちらです↓

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか