【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

認知症の経過報告(2年と9週・10週間目)これは誰の折り鶴?

実家に帰ると、千羽鶴が居間と祖母の仏壇に飾ってありました。

20150528_172008
デイサービスの人が、わざわざ届けてくれたの?
くどひろ
え、なんで?
うーん・・・これお返ししなきゃいけないんだけど、どうしよう?
くどひろ
折り鶴にお返しする人って、あまりいないでしょ?
デイサービスの人にね、これ届けてもらって、お返ししなきゃいけないの!
くどひろ
(聞いてないと内心思いながら)あ、そうなの?

ここ1か月、母との会話はこればっかりです。部屋の模様替えが趣味な母は、1日のほとんど過ごす居間に折り鶴を飾ったため、目に入った瞬間にスイッチが入ったようにこの会話をします。

あまりに質問されると事の真相を知りたくなるので、デイサービスに電話してみることにしました。

くどひろ
折り鶴を頂いたようなんですが?
デイ職員
はいはい、利用者様で1日中鶴を折っている方がいましてね。どんどん増えていくので、新しい利用者様にひきとってもらっているんですよ。
くどひろ
なるほど!ずっとお返ししなきゃって、連呼しているもんですから、真相を知りたくて。
デイ職員
お返しは大丈夫ですよ

この事実を母に伝えると、一応は納得しました。しかし、居間に折り鶴が飾ってある限り、ずっとこの質問は繰り返されます・・・妹もわたしと同じ洗礼を受けています。

ということで、2週間ほど寝かせることにしました。寝かせるというのはこの事実を何度か説明しているうちに、いつのまにか母の記憶に定着することがあるので、時間を空けることにしました。

もし、2週間後に同じ質問が繰り返されるようならば・・・

せっかく頂いた折り鶴ですが、隠します。もし母が入院するような事があったら、使わせて頂きます。利用者のAさん、ごめんなさい。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ