認知症介護をする70代・80代の女性とお話ししたときに驚いたこと

認知症介護 80代 女性

今年行われたあるイベントで、認知症介護をする70代後半から80代前半の女性3人とわたしでお話しする機会がありました。皆さん、「夫」が認知症で介護をされている奥さまたちでした。

わたしも同じ、認知症介護家族です。こうやっていろいろ情報発信はしていますが、積極的にアドバイスしよう、質問に回答しようとは思っていません。もちろん分かることはお答えしているのですが、2作目の「認知症介護で倒れないための55の心得」にも書いたとおり、基本的には皆さん自身の中に、介護の悩みの答えはあると思っている立場です。

わたしが情報発信したり講演することで、その答えが見つかることがよくあるみたいで、そのための発信でもあります。

本当はすべての質問に対して、「自分の中に答えはありますよ」とお答えしたいという思いもあるのですが、それだと講演会にせっかく来てくださったのに申し訳ないので、わたしの知っている範囲でお答えするようにしています。わたしの介護経験は、いろいろある介護のほんの一部でしかないので・・・。

これまで、いろんな介護者の集まりに参加した経験があるのですが、女性3人にお会いしたとき、これは「泣き」の回だと思いました。ご自身の介護を話しているうちに、感極まる・・・このパターンだと。わたしも同じ認知症介護家族なので、思わず共感し過ぎてしまうことがあります。なので、これも本に書きましたが「共感疲労」を起こさないよう、少し俯瞰的に話を聞く態勢を取りました。

脳梗塞から認知症らしき症状を発症された夫を持つ奥さま、何年もひとりで夫を介護していたけど、やっと介護保険サービスにアクセスができて、人の手を借りることが出来た奥さま、100歳超えの親を看取ったあと、同世代の夫を介護している奥さまの3人でした。

それぞれのご苦労がよく分かるお話だったのですが、冷静に考えるとわたしの母より皆さん年上でした。俯瞰的に話を聞いていると、変なスイッチが入ります。この時も「皆さん、うちの母より年上なのに、すごくしっかりされているなぁ~」とか「こんなふうに歳を取れたら、最高だなぁ~」とか、介護とは違った視点で皆さんのことを観察しておりました。

皆さんのご苦労が痛いほどわかったのですが、3人の今の思いが実は同じだということが分かりました。それは、

「認知症介護をしている今のほうが幸せ」

ということでした。

いやいや、皆さん!ひとりで8年も介護しているのは大変でしたでしょう、100歳の親を看取ったばかりなのに、次は夫って大変でしょう、脳梗塞、うちの父親もやりました・・・で、どうして幸せ?

3人に共通していたのは、「亭主関白」でした。この時代の男性によくある、女は3歩下がってついてこいというタイプの夫だったのだそう。それが認知症になり、そういった偉ぶる感じが取れたおかげで、ビクビクした生活をしなくてよくなったというのです。

ある方は、ショートステイやデイサービスに送り出したあと、自分の時間とばかりに、習い事に行ったり、友人をお茶をしたりと自分の時間を謳歌していると、ニコニコお話させていました。ご自身もいろいろ病気をされた経験もあるのに、皆さんなぜかイキイキとしています。

前に「介護者自身のストレス耐性で、介護の大変さは決まる」という記事を書いたのですが、3人の女性にとっては3歩下がってついていく何十年にも渡る日々のほうが、認知症介護よりもよっぽどつらかったわけです。

わたしも会社員時代のストレスが、ハンパなかったです。他の社員には耐えられることも、会社員時代のわたしはムダな正義感・責任感があって、それがストレスを強めていたと思います。社員同士、部署同士の私利私欲がうごめき、毎日起こる仕事上のトラブル・・・本当にダメでしたが、それでも約18年頑張りました。会社行きたくね~って、毎日思ってました。

あのストレスに比べると、今のほうがラクで耐えられます。もちろん家族間のほうが会社よりも、よりドロッとしたところも正直あります。これは人それぞれだと思うのですが、わたしは会社のストレスのほうがダメなタイプです。会社のほうが他人だからラクという人もいますよね、それも分かります。

許せるものってのが家族にはあって、オヤジと断絶したとしても、小さい頃は愛情を注いてもらったところもありますし。相殺できる何かがうちの場合は家族にあるんですけど、会社だと相殺先がなかったりして・・・それに、祖母も父も母も望んで介護状態になったわけではありません。

介護者自身のストレス耐性で介護の大変さは決まる?あの時のつらさに比べればという基準

2018.01.24

泣きの回が、まさかの笑いの回になるとは正直思ってなかったし、皆さんから勇気を頂きました。

わたしは愚痴で介護ストレスを解消するタイプではないので、こういう話が大好きです。会社員時代は散々愚痴っていましたが、今は愚痴っている自分が好きでなくて、マイナスオーラを言霊として発している自分もあまり好きでなくて、愚痴ったあとにスッキリしない自分が必ずいて、マイナスオーラをプラスに変えたいと常に思っていて・・・100%ではないですけど、そんな人間に変わりつつあります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか