次の遠距離介護まで1か月。離れて暮らす認知症の親がひとりで生活できるための4つの準備

休暇

わが家の遠距離介護の周期(サイクル)は2週間おき、滞在日数は1週間です。

割と頻繁に帰っていますし、長く滞在できるのはフリーランスという働き方を選んだからです。

3か月先まで、遠距離介護の予定を最初に決め、空いたところに自分の予定を入れるスケジューリングをいつもしています。

毎年夏頃になると、保育士の妹が1か月休みを取るので、わたしは1か月盛岡へ帰省しません。その前に、実はいろいろとやっておかなければならないことがあります。

通院はすべて済ませておく

母が通っている3つの病院、ものわすれ外来(認知症)、眼科(緑内障)、歯医者(入れ歯や虫歯)は、すべて6月中に受診を済ませました。

7月は通院がなく、次は8月に受診してもらいます。通院はわたしがやっていて、妹は生活の見守りのみという役割分担です。

日用品の買いだめ

ヘルパーさんに買い物をお願いしていますが、ほぼ食料品です。

母はトイレットペーパーはシングルでないとだめとか、歯磨き粉はホワイトアンドホワイトなど、縛りがいろいろあるので、それらの在庫が切れないように、いつも以上に買いだめをしました。

大腸内視鏡手術の入院の引継ぎ

大腸内視鏡の入院の手続き、書類やお金の準備、医療保険の給付の手配はすべて終わらせました。入院直後の訪問看護、訪問リハビリのスケジューリングも行いましたが、入院時の付き添いは妹が担当します。

日常生活でやっておくこと

シーツも洗濯しました。お布団も干しました。トイレ掃除もしました。掃除機もかけました。

お掃除関係は、1週間と持たないと思います。特に便関係が怪しいので、妹にカバーしてもらいます。

1か月のお休みで何をする?

わたしの予定ですが、妻の膠原病の通院があって、すぐ福井で講演、その次は岩手・大船渡で講演です。そのあと、自分の区のがん検診を受けたあと、ある大きな取材が都内であります。

忙しいわけではないのですが、空いた時間で5作目の本を書くという大仕事があります。目次はだいたいできているので、あとは書き始めるだけです。

家にはヘルパーさんや看護師さんなど、誰かしら毎日来てくれますし、妹もいるので、母は何とかなるのですが、2泊3日とはいえ入院が山場になると思います。

なぜ自分は病院にいて、何の手術をするのか、母は分からないはずですし、せん妄は大丈夫だろうか・・・短期間だから問題ないとは思いますが。

わたしが心配した母の立ち上がりや、筋肉が弱るというリスクについて、理学療法士さんと話し、短期間の入院であれば問題ないということでした。念のため、退院直後の訪問リハビリを設定し、訪問看護も入れました。

南の島で1か月、羽を伸ばすわけではないので、結局はどこで何をしていても、常に母のことは気になります。物理的に距離が離れることで、自分の作業に集中できるというメリットはあるので、時間を有効に使いたいと思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
休暇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか