認知症介護のあきらめの境地に達したあとで起きた出来事

掃除する女性

認知症の人は短期記憶、いわゆる「 ついさっき 」を思い出すのが苦手と言われる。

母も1分前のこと、1時間前のこと、昨日のことはきれいサッパリ忘れている。

でも長期記憶は、脳の記憶の棚にしっかり入っている。

40年前、実家の前に広がっていたリンゴ畑はしっかり覚えているし、65年前、学区外から小学校に通っていたことも覚えている。

しかし、認知症がさらに進行すると、この長期記憶まで思い出すのが苦手になる。

当時のリンゴ畑は住宅地に変わってしまったが、当時からある庭の梅の木は変わらずにある。

1年前までは「今年は梅の実がならないわね」と言っていた母も、今年は「あれ、何の木だっけ」という。

人生で何百回、何千回と書いてきた、自分の名前、住所を書こうとすると、ペンが動かない。

長女の名前と孫の名前が入れ替わる。

母が認知症を発症したときはショックだったが、長期記憶が少しずつ失われる瞬間に寄り添うのも、同じくらいショック。

昔のことなら何度でも話すことができた、その思い出自体が分からない、言葉にならない。あれ、それと、代名詞ばかりが増える。

それでも、わたしの中で「まだ記憶できるかも」という期待は、完全には消えてない。

その期待を上回る、諦めのほうがはるかに強いので、短期記憶は全く覚えてないという前提で、母と接している。

認知症介護を長く経験した先にある、諦めの境地というやつだ。

家の大掃除中に見つけたもの

次の遠距離介護まで1か月空くことになり、わたしは実家の大掃除をしていた。

家族5人が住んでいたこともある実家は、まあまあ広い。

ほぼ使われていない客間、母の寝室、台所、廊下をひたすら掃除。

母が1日のほとんどを過ごす、居間も掃除した。

6月でも盛岡の朝は寒いので、コタツ布団は今もそのまま。

母の指定席の真横には、竹で出来た椅子があり、デイや訪看、訪問リハの連絡帳が無造作に重なっている。

それらを整理しようと手に取った瞬間、何かがヒラリと床に落ちた。








何かとは、綾小路きみまろのライブCDの新聞広告。(上の写真が現物)

1か月前の母の日、わたしと母できみまろのライブに行ったばかりだ。

ライブ中は涙を流しながら笑っていた母も、帰りのタクシーでは、何のライブに行ったかも覚えていなかった。

その後も、きみまろの「き」の字も出ないほど、ライブの話題はなく、母の記憶からキレイに消えたと思っていた。

それなのに、この広告は・・・。

母の頭の奥のほうには、母自身も自分では取り出せない、爆笑ライブの記憶が残っていたのだ。

この新聞広告がきっかけで、格納庫からホコリの被った記憶が取り出されたのだ。

諦めの境地に達していたわたしは、思わず顔がほころぶ。

広告にはこう書いてあった。

「言ったことは忘れ、言おうとしたことまで忘れ、忘れたことも忘れました」

きみまろ語録、もう笑うしかない。

こういった新聞広告は、母が電話して購入する可能性があるので、いつも捨てている。

購入したのに、請求書を紛失して支払わず、業者に催促されたこともあった。

本当はきみまろの広告も捨てるべきだが、電話番号のところを切り取り、そっと椅子へ戻しておいた。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
10/18(金):長野県佐久市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
掃除する女性

2 件のコメント

  • まだ出来る事に喜び、記憶の中に忘れてしまった事に悲しみ、日々変化している事にアンテナを張り、変化しない事に安心する毎日です。くどひろさんのブログに共感しながら、力を頂いています(^^)

  • サカモトさま

    「変化しないことに安心する」よく分かります!

    認知症の同じ症状の繰り返しでも、進行してないんだと安心しますよね。ブログ読んで頂き、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか