相続遺言の知識を深める落語「天国からの手紙」行ってきました!

生島清身 講演

<お知らせ>
本日の読売新聞朝刊・全国版の「ケアノート」の欄に、わたし載ってます。
阿川佐和子さんとか、松島トモ子さんとか、著名な方の介護インタビューシリーズなのに、なぜかわたしが取材を受けました。よかったら、紙面でご覧ください!

この前の日曜日に、東京・新宿にある LIXILショールーム東京で、行政書士の 生島清身(高座名:天神亭きよ美)さんの 『落語で笑って学ぶ!相続遺言「天国からの手紙 」 』 を聞いてきました。

行政書士による相続遺言の無料相談会・講演会は、いろいろなところで開催されています。しかし、そんなに面白くないケースも。用語が理解できない人は、解説がなければ苦痛かもしれません。

でも「行政書士×落語」で、笑って知識を深めるとあって、生島さんへの講演依頼は全国から殺到中。これまで講演回数280回、受講者総数も24,000名を突破したそうです。

天国からの手紙とは

生島さんの創作落語『天国からの手紙』は、亡くなった母の相続人である子ども3人の元に、母から遺言書と手紙が届くところから始まります。

息子2人、娘1人、さらにある人が加わって、相続が争族になる予感がプンプンします。遺言書の存在は子ども3人にどう影響するのか、母の手紙とは?そしてある人とは?

落語のあとは、遺言の書き方について解説がありました。今年から来年にかけての法改正で、より遺言は身近なものになると思います。

わたしは、妻あてに公正証書遺言を公証役場で作ったのですが(詳しくは、私の本『ムリなくできる親の介護』参照。普通の方より遺言への思いは強いです)、法改正後だったら自分で遺言作ろうかなと思ったかもしれません。

講演会に参加したきっかけ

生島さんは、1年前の横浜市神奈川区のわたしの講演会にご参加頂きました。タイミングがあえばお話でも・・とかいいながら、1年近く経って講演後にお話する時間を頂きました。

わたしの講演会に対する感想が、下記の記事になります。

生島さんとわたしは、講演先がよく似ているので、いろいろ情報交換しました。もちろん秘密ですが、大変勉強になりました。

わたしは落語をただ楽しむのではなく、生島さんの声の出し方とか目線の運び方とか、完全に講師目線でチェックし、いろいろ質問させて頂きました。

生島さんのブログをチェックして、お近くで開催される際は足を運んでみてください。ほぼ毎週、日本のどこかで講演されているので、ブログ読者の皆さんのお住まいの近くで、来月あたり開催されるんじゃないかと。

人生会議や終活、エンディングノート、成年後見制度など、幅広い講演テーマで全国を回っていらっしゃいますので、お時間あるときに足を運んでみてください。

生島さんのブログや詳しいプロフィール、講演スケジュールは、下記リンクになります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2020年講演会・イベントスケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
生島清身 講演

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか