コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

「テレビに出てください」と言われたら、皆さんどうしますか?

カメラ撮影

もし、皆さんが「テレビに出てください」と言われたら、どうしますか?

わたしは基本的には「はい」と答えますが、数年前までは完全に「いいえ」でした。

多くの方がSNS、ブログなどで気軽に発信できる時代、急にこうしたオファーが来ることがあります。わたしもブログの発信や書籍がきっかけで、このブログお問合せ欄に突然連絡がきます。

取材クルーを街で見かけただけで、自分が取材されるわけでもないのに、なぜか遠回りしていました。それくらい、テレビの取材は受けたくないと思っていました。

今も基本は「いいえ」なのですが、担当ディレクターさんの企画や思いを伺ったり、わたしのブログや本をよく読まれて、下調べが入念だったりすると、「はい」に変わります。

一方で、「明日、新幹線一緒に乗ってもいいですか?」みたいなムチャぶりも結構あります。そうしたオファーは、ほぼ断ってます。

わたしのテレビデビューは、NHK『おはよう日本』でした。介護離職の講演で、内部用の撮影と思っていたら、全国に流れていました。あれはノーカウントとして、しっかりオファーを頂いて出演した最初のテレビはNHK『あさイチ』です。

当時は自分の活動を親族(妹も含む)に伝えておらず、顔がイラストで隠れている状態での出演でした。もちろん反響はありましたが、自分の顔が出ていないので、それほどでもありませんでした。

その後、NHK盛岡さんに2日間密着して頂きました。長時間テレビカメラと一緒で、あの経験のおかげで、カメラの前でも緊張しなくなりました。

自意識過剰なのかも

わずか数回のテレビ出演経験ですが、あることに気づきました。

それは、一般人がちょっとテレビに出たところで、誰も覚えてないということです。知人が映れば別ですが、皆さんはニュースで取り上げられた一般人の顔、覚えてますか?

NHKニュース7に出たからといって、街で声を掛けられるわけでもありません。元同僚や友人、親族から連絡が来るくらいです。今までの自意識過剰さが分かってから、カメラの前で緊張することがなくなりました。

著名な方は、何回も何回もテレビに出演するから知名度が上がるわけで、数回、数分の出演では何も変わりません。テレビに出られるのと、出続けるのでは、意味が全く違います。

それに年齢のせいなのか、恥ずかしさがありません。人生の半分を折り返しただろうし、たった1度の人生だし、明日にはどうなるかも分からないから、ま、いいか!という気持ちがあります。

生放送か、そうでないかの違い

テレビカメラを向けられても、その映像がそのまま放送されるわけではありません。編集作業があり、何日かしてから、映像として流れます。何時間、何日も撮影して、放送されるのは数分。ほとんどは映像として使われません。

そう考えると、ずっとカメラを向けられている最中に緊張していては、疲れます。使われるのは一瞬と考えれば、緊張感は薄れてきます。

スタジオで生放送なら、おそらく緊張すると思います。今1番緊張するのはラジオの生放送ですが、同じレベルで緊張するはずです。

コロナ禍の今、メディア取材依頼は本当に多いです。しかし、取材を受けても自分の仕事につながっていないので、とてもとても残念です。コロナでなかったら、仕事の幅はグッと広がっていたはずです。それでも、コソコソ介護帰省している人の力になれればと思い、できるだけ取材依頼を受けています。

ブログやSNSなど小さな発信であっても、何年も続けていると必ず誰かの目に留まり、「テレビに出てください」にまで発展することもあります。本当に継続は力なりで、瞬間的な山は作れなかったとしても、発信の蓄積は必ず誰かが見ています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか