10分で聴ける介護ラジオ放送中!

コロナワクチン接種2回目。副反応が出ないときの妙な不安

7月20日(火)のお昼に、新型コロナウイルスのワクチン接種を2回目が終了しました。接種翌日、翌々日にどんな副反応があったのかの報告です。

2回目の副反応に備えて

このブログも音声配信voicyも、あまりストックしていません。直前に書いたり収録したりしているのですが、副反応で更新が止まる可能性があったので、接種2日後までのブログとvoicyを前倒しして、万が一のために備えました。また、他の仕事も接種前に終えました。

7月20日(火)12時30分くらいに、ファイザー製ワクチン2回目を個別接種の病院で接種。接種後15分待機で何もなく、その日の20時くらいに、若干接種した腕が筋肉痛っぽくなりましたが、副反応はないと言っていいレベルでした。

そして、翌朝。発熱する方もいるので覚悟していたのですが、体温は36.1℃。前日よりも筋肉痛のような感じが強くはなっていましたが、1回目の接種後のほうが強かったです。あれ、副反応ないのか?

副反応がないときのしょうもない不安

普通なら副反応がなくてよかったと思うところですが、わたしは妙な不安に襲われたのです。

  • ワクチンじゃなくて、生理食塩水打った?後日、病院から電話来たりして
  • 若い人ほど副反応が出るっていうから、自分の身体はしっかり老いていることが確定?

医学的根拠の全くない、本当にしょうもない不安ですよね……。まるで副反応を期待していたかのような感じです。

起きたあと、朝8時くらいからなんとなく全身のだるさがあって、それが暑さによるものか、ワクチンの影響か、最初は分からなかったのですが、腕の痛みとともに昼寝を2回ほどしました。その後も夜までソファで横になりながら、なんとなく体調良くないかもという感じが続きました。

食欲はしっかりありましたし、スマホもいじってました。でも、スマホも長く触ると疲れるので、テレビをボーっと見ていた感じです。

熱は何回か測って、翌日の夜(接種後32時間経過)に36.9℃になりました。ギリギリ微熱といってもいいかもしれませんが、翌々日の朝36.3℃と起きたあとの体調から鑑みて、たぶん接種翌日はずっと全身がだるかったんだと思います。翌々日の朝は、病み上がりっぽい感覚がありました。

結局、副反応はしっかりあって、変にホッとしました。

次回の帰省の不思議な感覚

県をまたぐ移動の自粛の話が再び出るなか、2回のワクチン接種から2週間経過した状態で盛岡へ帰省します。母も接種済なので、次回はビジネスホテルの健康観察なく(ポイント消化のため1日泊まります)、久しぶりに公共交通機関も使って実家を目指します。

岩手というか盛岡の皆さんのワクチン接種状況はどんな感じなんだろうと思ってニュースを見たら、64歳以下の接種は7月27日から始まるところもありますが、供給減で一部8月中旬に延期になっているところもありました。

わたしは同世代では都内でも早い接種だと思うのですが、今東京から帰省するとまた肩身が狭いかもしれません。接種した証拠写真は撮ったので、何かあったときはそっちで対応します。

気持ちとしては、やはり一定の安心感はあります。ただデルタ株とワクチンの関係のデータを見ながら、どれを信じようかなという感じです。

音声配信voicyの最新回は、介護のお金の本当の使い方のお話です↓

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

【重版3刷しました!】
近距離、遠距離に関わらず、親と離れて暮らして介護している方やこれから介護が始まる方に向けた新ジャンルの本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか