佐藤雅彦さん「認知症になった私が伝えたいこと」で認知症の「感覚」が手に取るように分かった

認知症になった私が伝えたいこと

このブログでたびたびご紹介しております、認知症ワーキンググループ(認知症当事者のみなさんの集まり)の共同代表である佐藤雅彦さんの本を読みました。

やはり認知症ご本人が書く言葉には何とも言えない重みがあり、わたしたち介護者へのインパクトはとても大きいものがあります。そんな佐藤さんご自身が感じる、認知症の「感覚」を表現した一部をご紹介します。

認知症になる前にくらべると、時間が経つのがすごく早く感じます。なぜかはわからないのですが、あっという間に時間が経ってしまうのです。

いつもその瞬間だけを生きていることになるから、早く感じるんでしょうか?

身のまわりの音や、人の話し声が非常にうるさく感じられ、そのせいで疲れやすくなっています。

”並行して何かをするのが苦手になる” とあるので、こういう状況も大変なんだろうな・・・

「物盗られ妄想」がよく言われますが、あれは、「ここに置いたのは間違いない」と思ってしまうからなんですね。自分が別のところに置いたという意識がないのです。

確かに、うちの母も自信を持って間違います。でもって、誰かのせいにして取り繕います。

認知症の人の施設などでは、よく食堂でテレビがついていたりしますが、ごはんを残す人が多いのは、このためではないでしょうか。きっと、食べることに集中できないのです。

これも並行して何かをするのが苦手という話なんですが、食事にこのような影響があるとは・・・

机にメモが5~6枚貼ってあったとします。真ん中の一枚には注意を向けられるのですが、まわりの4~5枚は認識しにくい。視野が狭くなるというのとはちょっと違って、4枚~5枚のメモは、絵画の風景のように、背景に溶けこんでしまう感じです。

母のアナログカレンダーの見方に疑問を持っていたのですが、これを読んで納得しました。当日は分かっても、前日と翌日は風景のように見えているんだな・・・

人のお世話になる一方は、とてもつらいものです。人間が生きていくうえでのよろこびのひとつは、人のために何かをすることだと思います。

認知症ケアのドッグセラピーの話を前に書きましたが、それと同じで少しでも誰かの役に立ちたいとか使命感は、認知症にとっても大切なんですね。

認知症の感覚というのは、うまく説明できませんが、たとえて言えば、本棚が崩れたような感じなのです。棚に入っていた本は、たしかにそこにある。でもバラバラで、雑然として、整理がつかない。

なるほど・・・本はあるって事は、断片的に記憶はあっても繋がりがないってことですね。何かのきっかけで急に話を思い出すのは、そういう事なんですね。

第3章途中からガツンってやられますよ、編集なしの佐藤さんの原文に。佐藤さんって、糖尿病でおひとりで暮らしてらっしゃるんです。

インスリンを食事前に必ず打つ、認知症の薬を朝、夜飲む、そして独居・・・これを続けているってすごいです!母がもし糖尿病を患ってたらインスリン打ち忘れて、たぶん死んでいる・・・

わたしも先日、認知症の電子書籍を書きましたが、一番苦労したのは100ページ前にどんな事を書いていたかを思い出す事です、かぶってはいけないので。編集者の手を借りながら佐藤さんは出版されていますが、それでも認知症の方が本を出版されるって、それはそれは想像できないくらい大変な事だと思います!

佐藤雅彦さん関連情報

「つたえる」 「つくる」 「つながる」 頭文字である ”つ” が3つで、3つの会という命名をされたそうです。認知症の当事者同士の情報交換がされています。

認知症ワーキンググループの最新の活動状況が分かるFacebookページです。

そして今回ご紹介した本がこちらです↓

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)