認知症の 「入浴拒否」 をうちではこう考えてます!

入浴拒否

いつもなら、認知症の「入浴拒否」とその対処法 というタイトルにして、我が家の例をご紹介するのですが、まだ未解決なので対処法という言葉をつかえません。また、喫緊の課題でないという思いもあるんです。

ムリして風呂に入らなくてもいいんじゃない?

まず大前提としてわたしが思っているのは、ムリしてお風呂に入らなくていいんじゃない ということです。世間の常識で考えれば、毎日お風呂には入るべき!となるんですが、人様に迷惑をかけなければOK!と思ってます。

母は2年・・・いやもっとお風呂に浸かるということはしてません。でも、臭くてデイの他の利用者さんから苦情が来たり、訪問ヘルパーさんが臭いという事はないんですよ。

72歳の母の代謝は落ちてますし、近くにいるわたしが臭いに鈍感ということもあって、生活に支障はありません。また髪の毛は洗うし、顔も洗います。ラッキーな事に??失禁もチョイチョイするので、下半身はシャワーで流してます。あとは上半身だけ(笑)

わたしより鼻が利く妹に確認したところ・・・ちょっと臭うとのこと。ということで、長期スパンでゆっくりこの問題を攻略しようと思っています。

手足が不自由なので、風呂場で転ぶことを母は恐れているんですよね。温泉嫌いなのも、これが理由です。お風呂での転倒事故も多いし、冬場のヒートショックも怖い。うちはそのリスクが一般家庭の何倍もあります。そして認知症の骨折は、本当に怖い!

だから今はデイサービスで入浴できないか・・これをゆっくーり模索している最中です。

今やっている入浴拒否対処法

1. デイサービスの他の利用者さんから、お風呂を促す
2.デイのお風呂は最高!と洗脳中
3. 写真を撮って、家のお風呂より安全だとアピール

デイ所長とお話していて、1.は独特の対処法です。職員よりも他の利用者さんから言われたら、意外と納得してお風呂に入るというものです。ふだんからお風呂を利用している方に、自然に会話を振るんだそうです。

2.は母をデイに行かせることに成功した手法を、再びやってます。「デイのお風呂、かなり評判らしいよ」「家で入るより安心だって、みんな言ってる」 これを2か月くらい言い続けてます。デイの時はじわじわ効いて、行ってくれるようになったので、今回はどうかな?

3.は百聞は一見に如かずを実践してます。写真を見せて、デイの浴槽の高さは低い!と言います。

うまくいくかどうかは不明です。今までで一番高いハードルであることは間違いありません。それでも、ゆっくりやっていこうと思っています。

とにかくやってはいけないことは、「なんでお風呂入らないの!」 「臭いでしょ、そんなんじゃ!」 と怒ること。そして、自分たちの常識を押し付けないことなので、いつか攻略できればいいなぁ・・・とゆるく考えてます。

お風呂に限らず、介護者目線で常識を押し付けがちなんですよね。入浴拒否に関わらず、あらゆる拒否は同じ発想が必要なのかもしれません。これくらいゆるく考えておけば、介護者がストレスを抱えることもないかなって。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

入浴拒否
■わたしの1作目:認知症専門医・名古屋フォレストクリニック河野和彦先生推薦

2 件のコメント

  • 入浴拒否はかなり前からあって悩みのタネでしたが、
    他の方も経験してると知るとちょっと心が軽くなります。
    今は近くの大きいお風呂にさそって月に一度行く感じです。

  • 猫屋万年堂さま

    わたしはいい意味で諦めてしまったところがあります。手足が不自由だから転倒したら怖いとか、独居だから何かあったら大変という特殊事情もあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)