地味だけど使える!認知症便利グッズ3選

ホワイトボード

わたしが買った認知症便利グッズ という記事で、遠距離介護用のWebカメラ、デジタル電波時計、つなぎパジャマの3点をご紹介しました。人気記事の上位にはまだ来てませんが、googleやYahooから弊ブログにいらっしゃる方のキーワードで多いのが、”認知症便利グッズ”、”認知症対策グッズ”、”認知症予防グッズ”です。

わたしが今使っている認知症便利グッズを、”地味ながら、さらに” 3点をご紹介します!簡単に我が家をおさらいすると、アルツハイマー型認知症の祖母(やや高度)、母(軽度)の2人がいて、その2人に試しているものです。すでに発症してますので、予防というよりかは、”進行を遅らせるため” とか、”わたし自身が介護疲れしないため” に購入したモノたちです。それではスタートです!

ホワイトボード

いきなり、地味ぃ~なやつ、来ました!冷蔵庫にホワイトボードを設置しています、母が一番目にしやすいという理由からです。購入場所はニトリです。たしか500円とものすごく安い!何を書くかというと、その日の昼ごはん、夜ごはんのメニューか、その日の予定を書きます。一緒にいると何度も同じこと聞かれますからね、『昼はどうするの?』と。その都度、『ホワイトボード見てぇ~』 というだけで、質問に答える必要がなくなります。

ちょっと前ですが、NHKの朝ドラ 純と愛で、若年性認知症である母へのメッセージということで、下の画像のような感じで使われていましたよね?うちもいっしょ!とドラマ見ながら、思っていたシーンです。

じぶん更新日記さんのHPにあった『純と愛』のホワイトボード↓
130306pic-s

こういう光景って、認知症を持つご家族ならば、結構スタンダード?なのかもしれませんね。

アルバム

これは何のために用意しているかというと、『あのヘルパーさん、なんて人だっけ?』 と、1日に何回も質問されるので作りました。ミニアルバムでいわゆる昔からあるL版にプリントします。アルバムにはヘルパーさんや看護師さんの所属先とお名前を写真と一緒に記入していて、それを見ると一発で分かるような仕組みにしています。地味なんですが、かなり効果があります。

ヘルパーさんや看護師さんには、『何回も質問されてしまうので、申し訳ないんですが1枚とらせてください』 と。みなさん緊張しながらも、引き受けてくださって大変助かりました。あの人誰だっけ?という質問には、地味ながらアルバムは効果的です。デジタルフォトフレームや、ipadなんかもいいんですが、新しいものはなかなか受け入れてくれないので、L版がうちはいいです。

服薬管理用タペストリー

これは最近使いだしましたが、つなぎパジャマと同じ幸和製作所さんのものを使っています。お値段は1500円くらいだったと思います。文字通り、決められた時間に薬を飲んでもらうための、タペストリーです。母は曜日や日時感覚が微妙なので、きっちり活用はできていませんが、服薬の習慣づけという意味では助かっています。

20130519_175038

わたしの場合は、『何回も同じ質問されるのがいやなので、これらグッズを買った』 感じです。認知症で同じ事を繰り返し言う人に対しての対処法のはなし でも書きましたが、やっぱり何回も同じ質問をされるのは、介護する側もストレスがたまります。

そういったストレスを減らすために、これらを購入して、答える回数を減らす努力をしています。少しはストレス解消されているなぁ~ と思ってます。お試しください!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年より悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護中。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)