【認知症の進行】認知症の人は普通の2倍3倍のスピードで老化する

認知症介護をする前に家族が読むべき3冊の本 という記事でも紹介していますが、川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生 のお言葉を借りると、”認知症の人は、普通の人より2倍から3倍のスピードで老化する” そうです。

最初にこの言葉を目にした時は、ものすごくショックでした。認知症になったうえに、老化のスピードまで加速してしまうなんて・・・認知症になりたくてなる人なんていないのに、さらに老化まで加速させるなんて・・・・

この悲しい事実を認知症の家族はどうとらえるか

認知症の家族の人はこの事実を、下記のように置き換えて考えるようです。

『老化が加速するということは、それほど認知症の介護する時間というのは長くない』 

切ない話なんですが、認知症の介護する側って、

『これって、いつまで続くの?』

という絶望感に襲われることがあります。先が見えない不安に、押しつぶされそうになったりします。一方でこのような事実があり、余命が普通よりもどんどん短くなっていくわけですから、与えられた時間をいかに充実させるか という事を考えるきっかけにもなります。

2倍から3倍で進むということは、1年が ”2年や3年” に相当するわけですから、うちの場合だと母は69歳で、今年70歳になります。でも認知症なので、この法則を当てはめると71歳、72歳に相当するということになります。 高齢者の1年は大きいので、そう考えると恐ろしいですね・・・

全員が当てはまるわけではない

うちは祖母(89歳)も認知症ですが、こちらは約10年前くらいから認知症だったようです。2倍の法則に当てはめると、祖母は100歳相当ということになりますが、祖母の場合はこの法則は当てはまらないと思っています。100歳という感じもないですしね。

全員が全員ではなく、おだやかに進行していく人もいれば、急加速する人もいます。あくまで統計的なデータ上、そうなる確率が高いということだけなので、それを阻止すべく、いろんな手段を家族としては打つことができます。

先の見えない不安が増してきたら、この言葉を頭の中で復唱してみる。そうすると時間に限りがあることが分かるので、目の前の介護をより充実させる気になるこの繰り返しかなぁ~と思っています。こちらの本に書いている話です。

上記本は入手困難なので、内容的にほぼ同じものがこちらです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)