認知症の経過報告(1年と13週・14週間目)・病院病院また病院

左薬指先端を深く切ってしまった母。

いつ切ったのか、なぜ切ったのか 認知症のため全く分かりません。

毎週家に来るヘルパーさん、作業療法士さんに状況を聞いてみると、確認できなかったとのこと。結果、なぜ切ったのか分からないものの、わたしが帰省した当日か前日に指を切ってしまったようです。いいタイミングでの帰省でした!

結局、外科には滞在中に3回連れていきました。認知症の病院にも行きましたので、1週間で計4回病院に連れて行ったことになります。病院、病院、また病院・・・そんな週でした。

指が完治しないまま、帰京の日が来てしまいました。そこでヘルパーさんの事務所に行って、もし来週も通院しなければならない場合、病院まで連れて行って欲しいという文書を届けに行きました。

ヘルパーさんに通院をお願いする時は、いつも文書を作成して届けるようにしています。理由は、きちんと通院について伝えたいからで、伝言になると100%伝わらないものと考えているためです。(電話を受ける人、サ責、担当ヘルパーという伝言ゲームで、漏れが発生する)どんな事を文書に書くかというと、

・希望するヘルパーさん
知らないヘルパーさんが来ると、母は混乱してしまうので、いつも来るヘルパーさんで。

・希望する通院時間
訪問看護師さん、作業療法士さんが来ない時間帯に連れていって欲しい

・病院までの交通機関
母が自転車に乗り、その前か横をわたしが追走する というのが基本スタイルですが、ヘルパーさんにはきついのでタクシーを使ってくれと。但し、タクシーを呼ぶ場合、タクシーより先に自宅に着く事を必須でお願いしています。

タクシーの音を聞くと、母はタクシーを待たせては悪いという思いから、勝手にタクシーに乗っちゃうんですよね。歯科通院で大騒ぎになった事が過去にあったため、この事を文書にしました。

・母の様子
今回の場合は、縫合してないのに縫合したと勘違いしたり、麻酔を打ってないのに打ったと言ったりしていたので、そのことを書きました。また足の裏のたこ治療と勘違いして、先生の前で靴下を脱ぐ可能性がある事も伝えました。

結局、妹が最後病院へ連れて行って、外科は終了。この文書は廃棄してもらって、ヘルパーさんのお世話になる事はありませんでした。ケアプランに通院のお手伝いの項目を追加した事で、遠距離介護者としてはホントに助かってます。

今回、何がショックだったかというと、

「結構な大ケガをしたのに、いつ、なぜケガをしたのか覚えてない」

という事です。認知症だからやむを得ないんですが、インパクトある出来事はかろうじて覚えている事もまだあります。今回のケガはかなりのインパクトなのに、忘れてしまった・・・症状の進行かな?と思わせる出来事でした。

この週はフェルガードBとウィンタミンの両方をフルで服用させました。ウィンタミンで眠くなるのかな?と思ってましたが、そんなに副作用はないな という結論に至りました。

ウィンタミンは1包の量を相当少なくしてもらっているので、もうちょっと増やすテストを今度してみます。ウインタミンを常用するべきなのかという判断と、ピック病っぽいけど、アルツハイマーっぽいところもあります。

次回受診まで、テストしながら考えます!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)