認知症の経過報告(2年と35週・36週間目)赤い血のナゾ

認知症ティッシュ

アルツハイマー型認知症の祖母を介護していた母が当時、ポロっと言ってたこと。

ちょっと、おむつに血がついてるらしいのよね・・・

あのころは、デイからの報告の意味も重要さも分からず完全にスルー、今思えばあの一言は子宮頸がんの兆候だったんだなぁと。そして母の現在の口癖は、

ガンは遺伝するから、わたしも子宮頸がんになるのよね
くどひろ
2人に1人はガンで亡くなると言われているから、遺伝かどうか分からないレベルだよね

100回以上、この会話をしています。

今年の夏のこと、燃えるゴミの袋の中に赤い血のようなものがついた紙を見つけました、尿パッドと一緒に。

くどひろ
え、まさか・・・いや、去年子宮頸がんの検査はクリアしたしな・・・

さらに3か月後、再び赤い血のようなものがついた紙を発見!

くどひろ
や、やばい・・・

今度は燃えるゴミを全部広げて、1枚1枚チェックすることにしました。するとリンゴの皮が近くにあったので、

くどひろ
あ、これね!リンゴの皮の赤いところが、紙に移ったんだ・・・よかった!!

安心したのも、束の間。1か月後、またまた赤い血のようなものがついた紙が!

おかしい・・これはやっぱり子宮頸がんだ。尿パッドと必ずペアで出てくる・・・これは直球で質問するしかない!ということで、

くどひろ
最近、おしっこに血が混ざったりしてない?
ないっ!

こうしている間にもガンが進行しているかもしれない・・認知症の疑いを感じて、病院に連れていくかどうか悩んだあの頃を思い出しました。

数日後、デイに行く準備をしている母がお化粧をしてました。テーブルの上にティッシュが、くしゅくしゅっと丸まった状態でおいてありました。

こ、これか???

母は口紅を筆を使って塗るのですが、その筆についた口紅をぬぐったティッシュが赤い血の正体でした。

女性介護者ならば、もうちょっと早く気づくものをわたしは半年近く気づかず・・・

試しに水を含ませてみると、赤い血のようなものがついたティッシュが完成しました。尿パットと必ず一緒だったので、だまされた~

昨年の健康診断の時に、「閉経はいつだっけ?」 と聞かれ、ぶっ飛んだのですが、やはり同性じゃないと分からないことってたくさんありますよね・・・まっ、なんとかなってますけど。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)