認知症の経過報告(7週間目)

認知症の母(69歳)が、コウノメソッドと出会ってどのような認知症の経過をたどるのか、ブログに残していきます。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・アルツハイマー型認知症と診断されたのが、2013年4月上旬?
・症状自体はおそらく1年前、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・脳の委縮はほとんどなく、軽度の認知症と診断
・現在服用しているのは、フェルガード100Mのみ。1日2包服用を服薬管理タペストリーを使って、本人が管理
・この週はわたしは東京に滞在

7週目はハンデだらけでして・・・

7週間目はいろんなハンデがあって、ブログに書ける状態じゃないんです、実は。というのも、wi-fiを妻が東京で使いたいということで、実家から持ち帰ってきたんですね。これを持ってきてしまうと、Webカメラチェック ができないんです、要は実家の状態を東京でチェックできないんです。

だから、7週間目はいったい実家で何が起きているんだろう・・・遠距離介護のつらい部分ではありますが、ひたすら想像だけしておりました。ただひとつ分かることがあって、”毎日、携帯に何かしら電話をかけてくる” これがバロメーターになるので、7週目はこれでチェックすることにしました。

7週目の異変?

月曜日、火曜日、水曜日・・・・、金曜日?あれ?電話が一度も鳴りません。今までだと毎日電話をしてきて、しかも毎回同じ質問という感じだったのですが、結局電話は1回も来ませんでした。こんな週は今までなかったので、プラスに考えればフェルガードを服用してもうすぐ2か月。そういった効果もあるのか?ただ単にそういう週だったということか・・・

一度も電話がないってのも不安なので、逆に私から様子を伺うためにヘルパーさんがいる時に電話してみました。

わたし : 『フェルガードをきちんと飲んでいますか?』
ヘルパーさん : 『きちんと曜日どおり消化されてますよ』

マジか?結構ビックリなんですね、この曜日どおり消化しているということが。今までだと飲み過ぎて、早めに消化してしまうとか・・・・どこか別の引出しにしまっているとか、そういう感じなんですが、とにかくこの7週間目は何だか知らないけど、順調にいってます。

服薬管理タペストリー↓
20130519_175038

ひとつ忘れていたことが?

この7週目は他の週と大きく違っていたことがありました、それは週3回ヘルパーさん、初の看護師さんが来たということです。火曜日、木曜日、金曜日と常に誰かが家に来たことになります。母は誰かがくると分かると、家を掃除しだしたり、それなりに緊張感をもって対応します。そういう連続がひとりでぼーっとする時間を減らし、結果電話してこなかったのでは?と推測してます。

認知症が治るわけではないんですが、フェルガードを飲んでからはまぁ安定しているのかな?とも思います。

結論

電話をジャンジャン鳴らすというのがおさまった。これはフェルガード効果なのか??

フェルガードについての詳細記事は、フェルガードという米ぬかサプリメントとコウノメソッドのはなし に書いてあります。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか