介護した分はお金でもらおう!「有償介護」 という考え方

東京・品川で、NPO法人パオッコさんの遠距離介護セミナーがありました。

20141026_123605_210
介護・福祉系に強い弁護士、外岡潤先生の講演の中でこれは面白いなぁと思ったものをご紹介します。

有償介護という発想

家族で介護した時間というのは、いわゆる “無償の愛” ですよね?1円にもなりません。これを時給500円や1000円と評価して、介護の労に報いるという考え方です。

そんなに新しい発想でもないよ そう思われるかもしれませんが、これに “相続” が絡むと話は全く変わってきます。

[note] ・介護してたとはいえ、実家にタダで住んでずるい!
・認知症だからって、財産いいように使ってたでしょ!
・介護してたとか言って、たいしたことしてないでしょ!
・今住んでる家や不動産も売却してよ、価値が一番あるんだから![/note]どんなに一生懸命介護をしても、どんなに長い期間介護しても、どんなに自己犠牲を払っても、最後に相続でお金が入りそうになるとこう言うんです。相続を受ける権利がある人は、”介護してなくても” こう主張します。

「相続を受ける権利は、うちにもあるよな!」

介護していたという実績を、相続の際に特別ボーナスとして判断されるかというと、そういうのはありません。算定方法も不確定なんだそうです。

外岡先生は相続をシャンパンタワーに例えてました。どこに流れるか分からないという意味で、相続人がどんどん広がっていって収拾がつかなくなるんだとか。想定外の人が登場したり、本人以上に配偶者が頑張ったり・・・怖っ!

こうやって相続の権利を主張してくる人には、有償介護を生前に提案してもおそらく聞く耳持たないでしょう。

「わたしの相続分が減っちゃうじゃない!」

って、言うでしょうね。資料には、”自分の介護については” とあります。これ自分のエンディングノートなどに書いておくと、すごくいいですよね。相続する側の意志には、受け取る側は口出しできませんから。

仮に時給500円で1日介護しているとみなすと、1日12,000円。これが365日あると、438万円になります。線引きが難しいですよね・・・睡眠時間は考慮しないとか、ヘルパーさんの単価を考えれば時給500円は安すぎるとか。財産金額にもよりますよね。

いくら介護で頑張っても、評価されない!という事だけ、介護している人は覚えておいたほうがいいです。

まだ先の事と考えないで

介護が始まった時も、いきなりのスタートでしたよね?亡くなるのもホント突然で、相続問題もすぐにやってきます。1年前の今頃のわたしが、まさにそうでした。

祖母が亡くなった後、落ち着いた時に母のエンディングノートを作成しました。遺言書の作成が遅れてますが、エンディングノートの作成は終わってます。

1周忌なので、母に再確認するのが今週のわたしのお仕事です。下記でエンディングノートの大切さを、力説してます!

  【終活・祖母の死で分かった】認知症の人に「エンディングノート」が絶対必要な理由とは? 【終活・祖母の死で分かった】認知症の人に「エンディングノート」が絶対必要な理由とは?

介護しても評価されないと書きましたが、あくまでお金の面です。わたしは評価は気にしてなくて、”自分自身が後悔したくないから” ってところが一番の基準になってます。余命半年って言われたら、何より優先順位高くなりますよね・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか