親の遺産の使い道は?わが家はこうです!

遺産 相続 使い道 親

亡くなった父のマンションが売却され、無事入金を確認しました。

親の遺産相続で受け取ったお金の使い道で何か面白い話はないかな・・と思ってネットで調べてみたのですが、

  • 住宅ローンの支払いに充てる
  • 子どもの大学進学の資金に充てる
  • 資産運用する(定期預金、株式運用、不動産投資など)
  • 貯金する
  • 家や自動車を買う

そんなに面白いお話はありませんでした。

遺産分割協議でもめた時は弁護士を!みたいな記事は多いものの、遺産の使い道をどうするという話題は意外と多くありません。「親の遺産で新築マンション買ったぜ、イエイ!」なんて、発信しないですよね。

うちら夫婦は子どもがおりませんし、借金も全くありません。父から相続された金額も多くはないので、この中だったら貯金ぐらいでしょうか。

相続するということは介護が終わることでもありますが、わたしのように父と母の同時介護の場合は、まだ終わりではありません。だから母のために介護資金として残すということもあるのですが、それもしません。

母の介護資金の考えが大きく変わったきっかけは、やはり父の遺族年金です。母の状態にもよりますが、遺族年金のおかげでかなり余裕が生まれたのも事実なので、しばらくは祖母の遺したお金、遺族年金、母の国民年金でなんとかやっていけそうです。

親の財産に対してのわたしの考え

わたしは親の財産に対して、このような考えは「持っていません」。

  • 亡くなる間際に大きな病気をしたときのために、治療費がかかるからお金をたくさん残しておく
  • 自分が遺産相続するとき多くもらいたいから、できるだけお金は使わない

そもそも親の遺産など、普通のサラリーマンである父には期待してませんでした。というか、出て行って自分で盛岡にマンションを買ったと聞いた時に、これで何もなくなったとすら思いました。

祖母も父も看取りましたが、思っているほど死ぬ間際にお金はかかりませんでした。要介護5になろうが、悪性リンパ腫で1か月以上入院しようが、介護保険や医療費の上限は決まっているので、イメージしているよりもお金はかかりません。

わたしの場合、亡くなった時にむしろ思ったことは、

くどひろ
何かおいしいもの食べさせておけばよかった・・、旅行にも連れて行っておけば・・・もっと前から治療しておけば・・・

そっちの後悔のほうが大きく、特に認知症で何も判断できない祖母に対してはその思いが強かったです。だから父にもやりたいことをやってもらったし、母に関してはこの後悔がないよう、月1回は外食に行くし、年1回はプチ旅行みたいなこともしています。

元気なうちに、お金は使ってもらいたい!同じお金を使うにしても、使いどころで価値は違うと思っています。後半でお金を使うと延命はできるのかもしれませんが、わたしの経験上はやっぱり使いどころはそこではないんですよ・・・もっと前。記憶に残せるうち、動けるうち、笑えるうちにお金は使うべきだと思っています。

親の財産をどう使うか?

親の遺産で泥沼裁判に突入するご家族もあるかと思いますが、うちのように大した金額でもない場合は揉めません。というか、父が生きてた頃もマンションのお金を原資にして、医療・介護費にすべて充てる、わたしや妹は1円もいらないというスタンスでした。

父は27年前に家を出ましたから、自分の遺産は妻には渡さない、息子であるわたしと妹で分けなさいと言って亡くなりました。一応、その通りにはするのですが、わたしに入金された後の使い道は自由なので、母に還元しようと思いプランを実行中です。

「息子というのは、母親の味方するのが常」と父は思っていたのですが、そんなことはないです。親とか関係なく、人としての振る舞いを冷静に見たときに、とても父に賛同することはできませんでした。一方の母は母親らしかったので、相対的に母を応援していただけのことです。

還元プランのうちのひとつを早速実行したら、こんなことが起きました。

今回の還元は庭の剪定

基本は母の認知症や身体に関するところにお金をかけてきたのですが、目によく入るものは気になるという習性が母にはあり、同じことを何度も言うので、そういうところもメンテナンスしている最中です。

うちの庭は、数年前まではげ上がっておりました。というのも、認知症の元気な祖母が必要以上に剪定をしてくれたので、まぁスッカスカ。祖母が亡くなって5年が経ち、だいぶ木々が生い茂ってきたのですが、わたしの素人剪定ではどうにもならないところまで来ました。お隣の家まで木が伸びてしまったり、小さな畑も荒れまくってます。

訪問リハの理学療法士さんからの情報で「シルバー人材センター」が安いと聞いて、庭の剪定を依頼することにしました。

シルバー人材センターとは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、 地域社会の活性化に貢献する組織です。センターは、原則として市(区)町村単位に置かれており、基本的に都道府県知事の指定を受けた社団法人で、 それぞれが独立した運営をしています。
引用元:http://www.zsjc.or.jp/about/about_02.html

怪しげなホームページから、大丈夫だろうか・・と思いながらも「メールで」申請をしました。予想的中、返信がありません・・・

世代や地域に合わせて連絡手段を変えておかないと、返事がこないということもあります。やっぱり電話じゃないとダメなんだなと思っていたら、「郵便で」シルバー人材センターから見積もりが届いておりました。

ん?庭の大きさも伝えてないし、庭を見に来てないのに見積もりって出せるんだ。人材センターすげー!

想定していた金額の半額くらいだったので、これでいい!と申し込もうと思ったのですが、どうやら最後は電話で申し込む必要があると書いてあったので、電話しました。

くどひろ
すみません、こちらの見積もりでお願いできますか?ちなみに庭を見なくていいんですか?
受付の男性
いえいえ、職人が現地に行って調査したと記載がありますけど。職人のほうから、工藤様に電話するようにしますね

それで、職人さんからすぐ電話が来ました。

職人
先日ね、お母さまに庭を見せて頂きましてね、ご説明差し上げたんですよ。近所の剪定をしているものでね、お母さまもわたしのことご存じで。名刺を置いていったのですが、ありませんでしたか?

そういえば、うちのどこでもドアホンに見慣れない男の人が映っていて、誰だろうとは思ってました。(訪問者の録画はしているものの、母が使い方が分からず音声は録音されない)

結局、母は見知らぬ職人の話に、テキトーに話を合わせて対応したのでした。当然そんなことは覚えているはずもないので、わたしに何も言わなかったということなのです。すぐに事情を察したわたしは、

くどひろ
実はうちの母は認知症なので、職人さんと話したことは覚えてませんし、名刺もどこかにやってしまったと思います
職人
え、全く分かりませんでした。ごくごく普通に話されてましたから

正直に伝えると職人さんも納得されたようで、今後はわたしとやりとりをすることになりました。

うちの母がすごいと思うのは、おそらく初見の方は認知症だと思わないということです。それっぽく話を合わせる技術があります。しかしもって5分。10分以上話すと、さすがに同じ質問ばかりしますからそこでバレます。

ある一定額までは母に還元し、残りのお金は使い道未定・・・たぶん使わずに置いておくと思います。(←長い文章の割に、弱いオチ)

皆さんは親の遺産をもらったらどう使うか、考えたことありますか?

遺産に期待して、人生設計してはいけないと思います。自分のスペック以上に借金を重ねて自分自身を苦しめたりするから、遺産相続でもめるんですよね。また自分のスペックに合わない額をもらったりするから、人生おかしくなったりもするんですよね。

自分のスペックにあった財産というのが、誰にでもあるのだと思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/10(土):神奈川県横浜市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/18(日):岩手県八幡平市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

遺産 相続 使い道 親

4 件のコメント

  • くどひろ 様

    ご無沙汰してました。
    亡くなってもいない親の遺産相続を考えるなど申し訳けないと思いつつ、既に計画は決めてます。

    ①お葬式代ーどなたが会葬にいらしてくださっても頂かないで、一切の費用を支払うこと
    →ここ二年間町内の方が亡くなってもわざと会葬に行きませんでしたので、もし、来て下さる人がいたら気持ちだけでと。

    ②今住んでる家を壊して更地にすること
    →田舎の大きな家に1人住んでるので、本当は今すぐにでも減築して快適にしてあげたいけれど、環境の変化が何をもたらすか心配なので

    ③その更地の上に小さな家を建てて、仏壇だけは置くこと
    →甥っ子がこのまちのお祭りが大好きなので、寝泊まり出来る最小限の場所を確保してあげたい

    さて、③まで実行出来る遺産があるか? 節約しながら、介護を続けましょ。
    長生きしそうなので、こちらが逆に参ってしまいそうですが…(((^_^;)

  • 奈都さま

    具体的な計画を決めてらっしゃるって、すばらしいと思います。

    そうなんですよね、どれだけ残るかは正直なところ分からないですよね。母に関しても父と同じく、1円も残らないイメージでおります。

  •  盛岡市はシルバー人材センター、すぐ使えるのですね、うらやましいです。
     仙台市は一年に一回1月15日に電話受付で、あっという間に一年分埋まってしまいます。今年初めて電話してみてびっくり。電話がつながった時には締め切られていました・・
     庭木の剪定は庭師さんにやってもらっているのですが、雑草刈をしてもらいたいのですが・・
     母が一人暮らしなので信頼置けない業者だとその後に何かとやってきてちょこちょこいらない用事でお金取られちゃいそうで不安です。シルバーさんならそんな心配はなさそうなので、できたらシルバーさんに頼みたかったです。どこか探さないといけないのですが、住んでいない土地の業者を探すのは大変です。

  • トトさま

    寒い2月に申し込んで、4月・5月・6月でしたからすぐというわけでもないかもしれません。
    それでも仙台ほど人口はいないので、ゆとりはあるのかもしれないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか