認知症の母に「ある人の死」を伝えて分かった大切なこと

先日、神奈川に住んでいる母の妹から、5年ぶりに母に電話がありました。

わたしの叔母にあたるわけですが、その叔母もとうとう70歳。わたしの祖母が亡くなり、49日で盛岡に帰ってきたのが今から5年前のことです。

その叔母の旦那さんは、在宅酸素療法で常に酸素ボンベを持っている人でした。そのため、叔母は夫の介護をすることになり、わたしは母の介護をするという役割分担に、自然となりました。その旦那さんがなくなって葬儀が終わったのが2年前で、わたしの携帯に葬儀が終わったと連絡がありました。

そんな叔母とわたしには、ある約束がありました。それは「旦那が亡くなったことを、私の母には伝えない」ということでした。

母が亡くなったことを知ったら、混乱して面倒なことになります。「葬儀は、お墓は、香典は」と、毎日わたしは質問されることになります。叔母も49日のときに、認知症の姉と1日過ごしてもらったのですが、同じことしか言わない姉にイライラしていました。認知症の方の対応を知らないと、こうなってしまうよな・・・叔母を見ながらそう思ったものです。

叔母も自分の姉の状況を理解していたので、約束はあっさり実行されました。そんな叔母からの電話を受けた母が、受話器を持ちながらこう言いました。

え~、ユキオさん(叔母の旦那)亡くなったの!ちょっと、ひろ!亡くなったの、知ってた?

母の近くにいたわたしは、一瞬耳を疑ったのですが、叔母は5年ぶりに電話してきたかと思いきや、いきなり言ってはいけない自分の旦那の死を、母に伝えたのです・・・。20分くらい姉妹の会話があったあと、叔母と話すことになりました。

くどひろ
ちょっと、言わないっていう話だったでしょ
叔母
あら、そうだったかしら。姉はもう、認知症が相当進んでしまったかと思ったけど、大丈夫そうね。施設に入っているかと思ったわよ。
叔母
そういえばさぁ、お金の件で、わたしに相談してきたことあったじゃない
くどひろ
は、なんのこと?
叔母
分かってる、分かってるって。言わなくても、分かってるから
くどひろ
・・・・・・

死を伝えるタイミング

母の認知症も進行しているので、叔母の旦那の死を伝えたところで、以前ほどの混乱はありません。電話が終わって、1時間も経たないうちに、すっかりそのことを忘れていました。

叔母が約束を破ったことでビックリしてしまったのですが、認知症の母に死を伝えるタイミングとしては、このタイミングがベストだったのでは?そう思えたのです。

おそらく亡くなった2年前にすぐ伝えていたら、母は混乱していたはずです。しかし、今このタイミングで伝えたことによって、母はショックを受けていません。

例えば、認知症になったという事実を、医師や介護家族が本人に伝えたがったり、知って欲しいと思っている人も多いのですが、わたしはそんなにすぐ伝える必要があるのかな?と思っているタイプです。

母から見た義弟が亡くなったことを知るタイミングとしては、今がベストだったわけです。認知症の人の不安を増幅させるようなタイミングで、人の死だったり大切なことを伝えるというのは、かえって症状を悪化させるだけなように思います。死ぬまで伝える必要はないということもあるでしょうし、わたしのようにあるきっかけで、伝えることになる可能性もあります。

とにかく、認知症の人が動揺してしまう事実を焦って伝える必要はなく、機を熟すタイミングが必ずあるのだと思います。

亡くなった父の兄の奥さんにも大変お世話になり、そのことをひた隠しにしてきたのですが、今なら言っても問題ないということで、そのことも流れで伝えてみました。こちらに関しても母は無反応で、しかもすぐ忘れてしまいました。わたしの中で隠し続けるという負担がなくなり、ちょっとスッキリしたのと同時に、いい意味で多幸的な母だなとも思いました。

それよりも気になったのが、叔母が言ってたお金の話です。叔母にお金を借りるとか、相談するとかありえない話です。その他の会話を聞いていても、なんとなくある気配を感じたのでした。ちょっとお酒も入っていたから、どっちなんだろう・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか