(改めて)認知症テストを受けるための家族の3つの心得

毎年12月に、母には認知症のテスト(長谷川式認知症スケール)を受けてもらっています。

今週、ほぼ月1回のものわすれ外来を受診するので、いつも通りの問診、お薬をもらうのに加えて、今回は長谷川式認知症スケールを受けてもらいます。

認知症テストを受けるための家族の3つの心得

今年後半の認知症介護の講演会では、祖母と母の認知症テストのお話を何度かしました。

今から4年前。長谷川式認知症スケールを開発し、ご自身が今認知症になられていて、先日もNHKニュースに出演されていた長谷川和夫先生の講演を聴きに行ったときに教えてもらった3つの心得をご紹介します。ブログの過去記事にも何回かありますが、最近ブログを読み始めた方も多いと思うので、改めてご紹介します。

その心得のまえに、長谷川先生がお話しされてたことで一番印象深かったのが「認知症のテストは、認知症ご本人のためにはならない」、「このテストがすべてではない」と言ってたことです。

わたしもこの話を聞いてから納得したのですが、それまでのわたしは母に認知症テストを受けさせては、点数が上がった下がった、認知症が進んだ、よくなったと一喜一憂していたものです。3つの心得というのは、

  1. 認知症の人に「テストを受けてもらう」というお願いする姿勢
  2. 利用者の答え方に注意する
  3. 1年に1回が原則

長谷川先生のこの話を聞いてから、テストの点数自体よりも、母の答え方に注目するようになりました。

ちなみにわたしの場合ですが、母のテストに同席はしません。でも、限りなく近いところで、気配を消しながら母の答え方はずっと聞いています。あとでテスト結果を見せてもらって、それを写真に撮って、昨年の結果と比較して、どこができてどこができなくなったかについて確認します。

母はものわすれ外来に行くのに、唯一警戒していることが、この認知症テストがあるかないかです。

今、何月なの?
今日って、何曜日だったっけ

普段はこんな質問はしないのに、病院に行くまでの車の中でこんな質問をしてきます。この質問に答えたところで、母は忘れてしまうのですが、なんとなく答えを言って、テストの時にかぎって急に思い出したりすると困るので、テスト前だけは母には悪いけど、

くどひろ
今日はテストないから、大丈夫

とかいう回答で、ごまかしております。

去年の母の点数は30点満点で17点でした。過去8回のテストの中では、最も悪い点数です。今回も同じくらいの点数が取れるだろうか・・・わたしの体感では、15点前後で着地するのではと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか