介護が必要な女性には同性である女性の介護が必要というお話

朝日新聞の医療サイト apital で連載中の笠間睦(かさまあつし)先生の記事で、女性には 「同性介護」 というのがありました。

どういう話かというと、

『私たちは、女性には“同性介護”を厳守しています。女性にとっては、ケアしてくれる職員が同性であることは大きな安心感につながります。“究極のサービス業”だというポリシーから、私たちはそうしています』

こう答えたのは、週刊ダイヤモンド「有料老人ホーム ベストランキング」福岡県の介護型有料老人ホーム第1位の大牟田スヌーグルさん。これを読んで思い出した事があります。

亡くなった祖母の話

わたしは介護職経験者ではないので、介護を男性スタッフがやっても、女性スタッフがやっても同じだと思ってました。その考えが変わったのが、病院での祖母の下の世話を見た時でした。

やや高度の認知症で、便いじりもしていた祖母。元気な頃は病院の壁に便をつけたりして、病院に迷惑をかけていたんですが、亡くなる前はほぼ寝たきり状態。起き上がる事もできないところまでいきました。

そんな寝たきり状態でしたが、男性スタッフがオムツを替えようとした時に、明らかに抵抗したのです。その時思ったのが、

「こんなに認知症が進んでも、寝たきりでもいやなものはいやなんだな」

と。これを見てからというもの、うちの認知症の母もきっと同じ考えなんだろうな と思えるようになりました。

母の話

母も祖母同様、男性スタッフがだめです。理由はちょっと変で、

「男の人がウチに入るところをご近所に見られたら、恥ずかしい」

??

今でも意味不明なんですが、過去に手足のリハビリを男性の方にお願いしていたところ、それがイヤで女性に変えてもらったという経緯があります。母の理由は不明なんですが、祖母の反応から考えると結局は ”本質的” なものなんだろうな と解釈しています。

家族としても、女性リクエストを出してます。なのでうちはケアマネさん、訪問看護師さん、訪問薬剤師さん、訪問作業療法士さん、ヘルパーさん すべて女性です。

記事を読むと、決して「同性介護」がすべての医療機関や老人ホームで実施されているかというとそうではないようです。そりゃそうですよね、スタッフさんのシフトや人数の関係で、家族のニーズを100%満たす事ができない場合もあると思います。わがままって思われる事もあるかもしれません。

今話題のフランス生まれの認知症ケア 「ユマニチュード」 で、人間の尊厳を大切にすると説いてますが、 ”女性には 「同性介護」 ” というのと共通しているように思えてなりません。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ