在宅介護や自分の目覚ましで使う!スマホでカーテンの開閉を自動化「めざましカーテン mornin’ plus」

めざましカーテン mornin’ plus 介護

わたしのぐうたらな発想から見つけた商品を、在宅介護に応用できるかも!と思いご紹介します。

父の遺したマンションで面倒だったこと

父が亡くなってからの半年間、わたしは父親のマンションに帰省する都度通いました。理由は2つで、

  1. ポストにたまる郵便物をチェックするため
  2. 部屋の窓・カーテンを開け、風を通すため

最初の頃は遺品整理であったり、リフォームもあったので、部屋に行く目的がきちんとありました。しかし、だんだん用事がなくなって、ただ部屋の窓を開けに行くだけになってしまいました。母の実家からバスで30分近くかかる場所なので、だんだんこう思うようになりました。

くどひろ
あぁ・・面倒くさい。カーテンの開け閉めとか、自動でやってくれるものないかな

ちなみに空き家に風を通す理由について、空き家管理士協会の山下代表はこう言ってます。

家は空気が動かなくなると、湿気などにより劣化が早くなります。天井裏や床下などに湿気が溜まり、床がふわふわしたりしてくるんです。最低でも月に1回は風を通したり水道も水を流すことで、例えば年に1度しか帰ってこなくても変わりなく過ごせると思います
引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20150203_301090.html

で、Amazonで「カーテン 開ける」と検索したらありました!

スマホでカーテンの開け閉めをやってくれる「めざましカーテン mornin’ plus」という商品でした。あれ、これ在宅介護にも使えるんじゃないか?というのが、今日のお話です。

在宅介護にも使えそうな「めざましカーテン」

この商品を見てまず思い出したのは、要介護5の亡くなった父が自宅ベッドから全く動けなかった頃です。

  • 朝になったら、せめてカーテンを開けて太陽の光を浴びたかっただろうな
  • 夜になったら、カーテンを閉めたいだろうな

結局父は自分でベッドから立ち上がれるまでになったので、自分のカーテンの開け閉めはできるようになりました。でもこの商品があったら便利だったろうなと、まず思いました。

認知症の母に関しては、今は自分でカーテンの開閉はできます。しかし、父のように寝たきりになる日もいつか来るでしょう。ヘルパーさんが到着する前に、太陽の光を当てるために使うかもしれません。

あとは体内時計のリズム(サーガティアンリズム)は、朝日を浴びてリセットするという話もあります。このリズムが崩れると昼夜逆転になってしまったり、睡眠障害につながるので、決まった時間に朝の日の光を浴びるのはとても大切です。例えば認知症の人の体内時計を一定にするためにこの商品を使うと、夜眠ってくれない問題の解決につながるかもしれません。

母がデイサービスに行く日、もの忘れ外来に行く日の朝、わたしは早起きをしています。デイや病院に行きたくないとか、準備に時間がかかるなど、いろんなケースを想定しての早起きですが、先にカーテンだけでも自動で開けておけば、わたしも少しゆっくり寝られるかもしれません。

めざましカーテンの機能

めざましカーテンは、片手でワンタッチでカーテンレール(対応できるレールか確認が必要)に取り付けが可能です。スマホでマニュアル開閉もできますが、タイマー機能もあるので、決まった時間に自動でカーテンの開け閉めができます。

またスマホ1台で4つのカーテンレールを開閉できるので、たくさんの部屋に対応ができます。実際にめざましカーテンを利用した動画が、Youtubeで何本もアップされています。正直な感想は、機械音が思ったよりも大きい・・・静音設計に改良されたそうで、ここはどうだろう?

Amazonレビューを見てみると、寝起きの悪い人が購入しているケースが多いように思います。あとは、だーぱん(業界用語でいうパンダ)モデルとかあって、笑えます。お値段は記事を書いた時点で、Amazonでは7,538円でした。

スマカメとの併用も有効ですよね。スマカメを部屋に設置しつつ、めざましカーテンをつければお部屋の状況が分かります。まだ購入はしていませんが、介護にも応用できそうです。

ひとつ前のモデルですが、めざましカーテンがどんな動きをするのか下記動画でチェックできます。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか