東京のスマホから盛岡の実家のスイッチやボタンをポチッ!『SwitchBot』を使った感想

SwitchBot

盛岡の実家に最近導入した、『SwitchBot』(スイッチボット)を遠距離介護で使い始めたというお話です。

SwitchBot(スイッチボット)とは?

離れた場所から、家中にある壁のスイッチやボタンをON/OFFしてくれるグッズです。人間の指のようなアームが出てきて、ボタンをプッシュ。スマホによる遠隔操作で、アームがポチっとスイッチを押してくれます。

SwitchBot本体には強力両面テープが貼ってあるので、アームでボタンを押した反動で、本体がどっかに飛んでいくといった心配もありません。

公式サイトの2分弱の動画をご覧になると、一発でイメージできます。本当は実際に家で使っている動画を取りたかったのですが、訳あって断念しました。

Switch botの外観
Switch botの中身はシンプル

導入に至った経緯とうちの使い方

3年前くらいからでしょうか?

認知症の母が灯油ファンヒーターの電源を入れた直後の「ボッ」という音を嫌がり、ファンヒーターを使わなくなりました。

盛岡の実家の台所はとにかく寒い!

居間はエアコンがついているからいいのですが、母はコーヒーを飲んだり、簡単な料理をしたり、顔を洗ったり、台所をそこそこ使います。

足が不自由でスリッパが履けないのに、室温0℃にも迫ろうかという、台所のフローリングの床を靴下のままで歩きます。足が冷たい、足が冷たいといって、コタツで足を温めています。ずっと見ていて、かわいそうになってきました。

台所にエアコンをつけようと夏にチャレンジしたら、配電盤から変える必要があることが分かり、しばらくはこの『Switchbot』で乗り切ろうと決めました。エアコン買って工事すれば20万以上、こちらは1万円で済みます。

東京のスマートフォンを操作して、盛岡の台所にある灯油ファンヒーターの運転ボタンを『Switchbot』のアームが押してくれるという仕組みです。

使い方のマネは厳禁、応用はOK

わが家の使い方はマネしないでください。ただ、応用はできるので、自分の家ならどこに設置するか、考えてみてください。

うちは灯油ファンヒーターの運転ボタンを押すためだけに、switchbotを買いました。

灯油ファンヒーターのちょうど上に、スマカメ(見守りカメラ)があります。

万が一、ファンヒーターの前に何か物があれば、火が引火する可能性があります。なので、スマカメでヒーターの前をチェックしてから、Switchbotを起動します。

ファンヒーターの運転ボタンの真下にSwitchBotを両面テープで貼る
割れ目部分からアームが出て、運転ボタンをポチッ

ちなみにタイマー機能もあるので、決まった時間に自動で「ポチッ」ができます。17時頃になったら玄関の電気スイッチを押すとか、朝6時にコーヒーメーカーのスイッチを入れるとか、そういうことができます。

灯油ファンヒーター自体に予約機能はあるのですが、朝5時に1回着いたらそれで終わりです。何時間後かに母は電源を消すので、それ以降はファンヒーターは使ってもらえません。

本当はSwitchBotのタイマー機能を使って、デイサービスから帰ってくる前に台所を温めておくこともできるのですが、火事が怖いので、スマカメで毎回目視しながら、慎重にONしようと思います。

次に取り付けるとしたら、加湿器かな・・水の補充の問題はありますが、認知症の母が加湿器を自分で使おうとしないので。

ハイテクなのに、機能はアームでボタンを押すというこのアナログ感とのミスマッチがたまらなく好きです。ちなみにSwitchBot単体で買うと、スマホとbluetooth接続で操作は可能です。

わたしのように遠隔操作する場合は、『Switchbot Hub Plus』も購入しなければなりません。自宅のwi-fiとこちらをつないで、SwitchBotをアプリでデバイス登録します。10分かからず、設定できました。

こちらスマートリモコンなので、うちは2台目になってしまいました。さらに温湿度計も買えば、部屋の温湿度がスマホで分かります。居間の温湿度管理はスマートリモコンで管理できているので、台所用に買うつもりです。

そしたら、東京から盛岡の台所の温度を見て、暑くなったら灯油ファンヒーターを消せばいいですし。

価格は下記のとおりです。

家の中で、switchbotでポチっとできそうな場所、他にないかな?

着々とスマートホーム化が進み、遠距離介護もだいぶ楽になりましたし、母にとってもいい環境だと思います。変なタイミングで、家電が動き出すことを除いて・・・。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2020年講演会・イベントスケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

SwitchBot

2 件のコメント

  • はじめまして、友人の親の介護から自分の母の介護の時代を経て、今は介護はないですが、自分のためかな?。くどひろさんの暖かさがありながら、さらっとしているところに引き込まれて引き続き読ませて頂いてます。いつもありがとうございます。今回ポチっとの情報もありがとうございます。早速注文いたしました。

  • 田代さま

    ブログ読んで頂き、ありがとうございます!
    ポチっと使い道はいろいろあるので、ぜひぜひ試してみてください。面白いですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか