コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

介護帰省中に液晶テレビが故障!便利リモコンの購入とその顛末

3年前に、こんな投稿をしました。

介護 テレビ 故障

遠距離介護の大きな敵「テレビが壊れる」ということ


遠距離介護でテレビの故障は、大大大問題です。

実は数年前から、実家の2005年製のビクター(現JVCケンウッド)の液晶テレビの調子が悪く、テレビ背面に挿すB-CASカードを抜き差しすると復活するので、それでだましだまし使ってきました。

しかし先週の土曜日、とうとう電源が入らなくなりました。30分くらいコンセントを抜き、電源を入れると一時的に復活。しかし数時間経つと電源が切れ、主電源ランプがチカチカ。

数回繰り返してみたのですが、製造から15年経ってます。さらに今はコロナ禍。もし、わたしが不在のときにテレビが故障したら妹が来るまで気づかず、母の認知症は確実に進行します。そこで、テレビを替えることにしました。

テレビの故障が認知症の進行を早める理由

認知症の人に限らず、高齢者がテレビをずっと見ていると、「テレビばかりボーっと見て!」と怒る娘や息子は多いと思うのですが、母に限っていえば、そのボーっとする手段すら奪われると、ただただ寝て過ごすようになります。

案の定、テレビ故障中は何度も寝てました。その先に待っている生活不活発からの寝たきり、認知症の進行。テレビの故障は、母にとって致命傷なのです。

実は父が亡くなった3年前に、別宅マンションから2011年製パナソニックの32型液晶テレビ(ビエラ)だけ、実家に持ってきました。いつか故障したら、替えるためです。

早速アンテナをつないでみたのですが、全く映りません。当たり前ですが、チャンネルなど初期設定のやり直しが必要です。

ところが父のテレビには、リモコンがない!確か遺品整理のときに、あまりに汚かったので捨てた気が……。さて、どうする?

認知症の人に優しいテレビリモコンを調達

以前、こんな記事を投稿しました。

認知症 リモコン 誤操作

認知症の人のリモコン誤操作問題とその対策方法

認知症の人にとって、ボタンが多すぎるテレビリモコンは使いづらく、誤操作の原因になります。今回もシンプルなリモコンをAmazonで探してみると、認知症の母にピッタリなリモコンを見つけました。それがELPAの国内主要メーカー対応のシンプルリモコンです。

ELPAのテレビリモコン

お値段757円で、ボタンが大きく、ムダなボタンがない。しかもボタンの無効化機能がついています。母はムダなボタンを押して誤操作するので、無効化機能はありがたい!

背面に書いてあったボタン無効化機能の文字に狂喜乱舞!

早速Amazonで購入。リモコンが到着する翌日まで一時的にテレビも復活してくれて、なんとか普通の生活を送りました。

リモコンが到着したのですが、今度はボタンが足りな過ぎて、テレビの初期設定ができません!認知症の母のことばかり考えていて、肝心なテレビの設定を忘れておりました。アホすぎる!!

ビエラ用リモコンを購入

ネットで調べてみると、やはりちゃんとしたリモコンがないと初期設定はできない模様。慌てて、近所のホームセンターに行ったら、ビエラ専用リモコンが売ってました。

ビエラ専用リモコン(同じくELPA製)

こちらは、2,000円ほどしました。2011年製のテレビでも対応しているようで、早速チャンネル設定を開始。

無事、チャンネル設定も終え、新しいテレビに生まれ変わりました。

新しいリモコンの使い方が分からない?

この新しい簡易リモコンを、わたしの遠隔操作と自動チャンネル切り替え操作機能のために、スマートリモコンに登録しました。登録方法は簡単でリモコンのボタンを、スマートリモコンに向けて押すだけです。

そしたら、スマホの画面にまさかのビエラのリモコンが現れました。ってことは、ホームセンターでリモコン買う必要なかった。この手順を踏んでいれば、初めからスマホだけでチャンネル設定もできたのです。

しばらく新しい簡易リモコンで運用していたのですが、母が

「このテレビ、どうやってつけたらいいの」

と言い出しました。

これほどシンプルなリモコンでも、「電源」の意味が分からないようです。コロナ禍で認知症が進行したと思う場面は多々あるのですが、まさか電源の意味も分からなくなるとは。この先、母は新しい家電を全く使いこなせない気がしてきました。

前に使っていた簡易リモコンはさすがに使えないだろうと思い、ネットでマニュアルを探してみると、ビエラにも使えるではありませんか!時間もかかって相当疲れましたが、3000円で済んだし、業者を呼べばもっとかかるからよしとしましょう。

テレビリモコン
以前使っていた簡易リモコン

新しい簡易リモコンか、古い簡易リモコンかの判断は、帰京日までじっくり検討します。

今回の収穫は、757円のリモコンにボタン無効化機能がついていたことです。誤操作で悩む介護者の皆さま、ぜひご検討ください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

2 件のコメント

  • ほんとにテレビは大切なアイテムですよね
    私の母も新聞のテレビ欄に
    赤ボールペンで丸印をつけています
    予約機能などは到底使えないので、、、
    テレビで仕入れた健康ネタをメモに書き留め
    それを私に伝えようと電話をかけてきます。
    おかげでこちらの手帳もいっぱいになります
    盛岡の様子
    とても参考になります

    パソコンでは更新がされていないようで
    たまたまスマホで開いたら
    たくさんの更新が見られました

  • すみさま

    健康ネタを書きためるお母さま、とてもステキですね!
    電話攻撃は大変ですが……。

    パソコンとスマホ、ブログは同時更新ですので何かあったのかもですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
    【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか