コミックマーケットの世界でも親の介護がテーマの漫画がじわじわ増えているそう

コミックマーケット

ある話題のツイートを見て、考えさせられたというお話です。

わたしはコミケに参加したことはないのですが、東京ビックサイトのコミケ開催日に近くを通って、その熱気に驚きました。

あのパワーで親の介護の漫画が拡大したら!この流れ、もっともっと拡大して欲しい!ツイートを見て、素直にそう思いました。

自分の実体験からも、介護の情報があれば、介護初期に起こるパニックはある程度は回避できます。でも、いざ介護が始まらないと情報を得ようとはしません、自分もそうでした。

コミケがきっかけで、介護初期のパニックを回避できる人が増えればいいですし、そのパワーがある世界だと思います。

わたしは文字と講演でしか表現できない人間なので、マンガやイラストを書ける人を尊敬していますし、写真を撮れる方も動画を編集できる方も同じくらい尊敬しています。

文字は読むのに根気がいるので、マンガや動画のようにスッと受け入れてもらえない場合があります。だから、タイトルを工夫したり、書き出しに変化をつけたりするのですが、それでも最後まで読んでもらえるかは分かりません。

介護ジャンルの検索結果はみな同じ

最近は検索しても上位表示される介護の内容は、どれも一般的な知識ばかりです。検索で個人の介護ブログが上位表示されることは、もはや皆無といっていいでしょう。

検索のアップデートがされるたびに、わたしのブログに検索経由でやってくる人数は恐ろしいくらいに減ってます。

それでも書き続けられるのは、長年読んでくださるブログ読者の皆さまのおかげですし、講演会、本、他のコラムでこのブログを知って、来てくださる新規の方が多いからです。誰にも読まれなくても書いていた時期も数年あるので、それを考えれば、今は幸せです。

個人の介護話なんてと一蹴されることもありますが、介護歴が長くなればなるほど、教科書的な介護話はもうお腹いっぱいと言いますか、それぞれの介護者の工夫であったり、変わったエピソードのほうが欲しくなります。

なので、最近は検索する気になれず、かといって、にほんブログ村で新しい面白そうな介護ブログを読み漁ることもほぼしていません。

どちらかというと全く関係ないビジネスブログや、ジャンル違いのブログのほうが、介護のヒントになることが多いです。

わたしもコミケにいって、親の介護のエッセイや漫画、読んでみたい!どうやって参加するんだろう・・・人混み苦手だからな・・・。

介護の本をずっと書いておりますが、小説やコミックなどのジャンルと比べると、それはそれは小さなマーケットです。

そんな中で本を売るのは本当に大変ですが、介護は息が長いジャンルです。そして人口減の中で、むしろこれからニーズが高まる数少ないジャンルです。

同人誌や自費出版も含め、たくさんの選択肢、たくさんの考え方が増えて、介護市場全体がいい意味で盛り上がるといいなと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2020年講演会・イベントスケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
コミックマーケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか