母のトイレの座り方が理由で水漏れ発生!介護的対策とは?

「タツタツ、タツタツ」

実家のトイレに入ると、たまに水の漏れる音がしていました。おそらく4年以上前からこの状態で、別件で水道屋さんに来てもらった時は、工事が必要と言われました。

今までどうやって対応していたかというと、音がしたら緩んでいるナットをレンチで回して、水漏れを止めていました。しかし何度締めても水が漏れるので、その理由が分からずにいたのですが、やっと原因を突き止めました。

水漏れが起こるトイレの止水栓付近

水漏れの原因を突き止めた!

最近になって母の失禁処理が増えるようになり、多目的トイレや家のトイレに一緒に入る機会が多くなりました。それで母がトイレを使う様子を観察することができ、そこで理由を突き止めたのです。

母は足が不自由なので、トイレに入るとき壁についた頑丈なトイレットペーパーホルダーをまずつかみ、洋式トイレの便座に座ります。その座り方が「ドン」という感じで座るので、振動でナットが緩むのです。

母がトイレにドンと座る → タンクと壁をつなぐ止水栓が動く → ナットが緩む → 水が漏れる

まさにケガの功名

この状況を改善するきっかけが、実は母の骨折でした。下の写真右側にあるトイレットペーパーホルダーを両手でつかんで、小さな段差のあるトイレに入っていたので、これでは二度目の転倒骨折の原因となると思ったのです。

そこでまた福祉用具専門相談員さんに相談してみたところ、片側に手すりがあれば、お母さまはドンと座らなくなって、水漏れも転倒リスクも減らせるかもと提案されました。

早速、下の写真のとおり左側に手すりを設置してみたところ、母は手すりとトイレットペーパーホルダーにつかまってドンと座らず、水漏れもなくなったのです。福祉用具は介護保険でレンタルなので、月200円程度といったところでしょうか。

片側手すりをトイレに設置

転倒リスクと水漏れの両方を解決してくれた、福祉用具専門相談員さんに本当に感謝です。音声配信voicyでは話したのですが、福祉用具専門相談員さんの話を、自分の本に書いて本当によかったと思っています。今回もまた、救われました!

親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること

親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること

工藤広伸
1,584円(06/24 04:43時点)
発売日: 2023/01/20
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。


にほんブログ村 介護ブログへ


【わたしの書いた最新刊】
東京と岩手の遠距離介護を、在宅で11年以上続けられている理由のひとつが道具です。介護者の皆さんがもっとラクできる環境を整え、同時に親の自立を実現するために何ができるかを実践するための本を書きました。図表とカラーで分かりやすく仕上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。
2012年から岩手でひとり暮らしをするアルツハイマー型認知症で難病(CMT病)の母(80歳・要介護4)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて12年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。

【音声配信Voicyパーソナリティ】『ちょっと気になる?介護のラジオ
【著書】親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること(翔泳社)、親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)、医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか