介護施設に家族を預けっぱなしにしてしまう気持ちを理解した1か月

ひまわり畑

妹の長期休みと、介護職の皆さんのサポートのおかげで、1か月ほど遠距離介護をお休みし、昨日からまたいつも通りの東京、盛岡の往復生活が始まりました。

介護施設に親を預けたあと、すっかり足が遠のいて、施設や親と疎遠になるという、定番の介護あるあるですが、今回はその気持ちが少し分かりました。

自分の生活から介護が切り離されて、3日、2週間、1か月・・・時間が経つにつれ、だんだん自分の生活一色になっていく感覚が分かりました。

とはいえ、認知症の進行度から考えても、1か月会わなかったら、自分のこと忘れてしまうのでは?という覚悟も少しありました。40年以上連れ添った庭の梅の木が、何の木か今年から分からなくなってしまったので、ひょっとしたら自分も?という気持ちにもなりました。

遠距離介護の感覚は一瞬で戻る

1か月ぶりの実家でまず感じたのは、家の匂いです。それぞれ家の匂いに個性があると思うのですが、今までは住み慣れた実家の匂いに違和感を感じたことはありません。でも今回は、あれ?実家特有の匂いがあるなと感じました。

そして、冷蔵庫の残り物を廃棄しまくりました。その後郵便物のチェックをしていると、後期高齢者保険者証の切り替え時期でしたが、妹がうまく郵便物を逃がしていてくれたおかげで、紛失せずに済みました。

また、火災保険の特約を申し込み、無事証書が送られてきてました。(契約時のはんこが分からず、イチかバチかで提出したらOKだった)

火災保険は自分の家は自分で守るのが基本なので、自分の家から出火して隣家を燃やしてしまっても、損害賠償は発生しません。

今回の類焼損害補償特約は、ご近所が自分で火災保険に加入していなかった場合、うちがある限度額まで補償する特約です。

ガスレンジの火事対策もしておりますが、認知症の母のひとり暮らしの火事の不安はゼロではないので、年数千円のアップで特約をつけました。

母の変化は?

2泊3日の大腸ポリープ入院があったので、少し母に変化があるかもと思いながら接しました。

母は、デイサービスの職員さんがデイ所長の奥さんだと勘違いしている話、お隣が引っ越す話、誰かが家に入ってきて写真を撮った話など、退院前と同じ妄想話を展開しまくっていて、変に安心しました。相変わらず、リピート回数が尋常じゃないなと。

また、1か月という休みのおかげで、同じ話や妄想を受け止めるコップの水が空になり、数日間は心地よくリピート妄想話を聞くことができましたが、あっという間に満タンになりました。

でも足腰もしっかりしてましたし、普通に歩けている母を見てホッとしました。

ひとつ変化があったとすれば、わたしがいい男になっていた・・・ぐらいでしょうか?

わたしはたまにデイを訪問するのですが、デイの利用者さんや職員さんが「息子さん、いい男ね」と言ったという、不思議な話が追加されました。面白いので、しばらくこのまま付き合ってみることにします。褒められるリピートなら、何度でも聞けますしね。

なぜそういう話が追加されたかは分からないのですが、おそらくナイフみたいに尖って、触るものを傷つけたりはしなかったし、盗んだバイクで走ったりもしない、親の期待に応える優等生息子でしたので、それが母の頭の中で誤変換され、いい男に代わってしまったのだと思います・・・たぶん。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======

講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ひまわり畑

2 件のコメント

  • コップの水が空になる〜わかる気がします。
    市内の実家まで車で3〜40分。
    週に一度は行きますが電話は毎日しています。
    でもこの前、2日ほど電話を休んだらとても気持ちが楽になりました。
    自分が心配だからしている電話。
    母は私が毎日電話していることも当然記憶にありません。
    何が正解なのか、無理して電話することはどうなのか⁇
    考えだすと分からなくなります。

  • kazuminnさま

    気持ちがラクになるということは、少し電話の頻度を下げたほうがいいという、ご自身からのサインかもしれませんね。
    わたしは見守りカメラをつけてから、電話の回数が激減しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか