世界アルツハイマー月間2019の推薦図書43冊のリスト(自著も選ばれた!)

本の山

ロンドンにある国際アルツハイマー病協会は、毎年9月をアルツハイマー月間としていて、公益社団法人認知症の人と家族の会は、日本で唯一の加盟団体です。

その取組みの一環として「読む・知る・認知症キャンペーン」と題して、本を通じた認知症啓発の取組みを行っています。キャンペーンの説明を、公式サイトより引用します。

多くの認知症関係の本が出版される中、最新の情報と家族や本人への正しい理解を伝える書籍を厳選して、推薦図書としました。同一著者や発売時期などにより残念ながら推薦とならなかった書籍も多数ありますが、認知症への理解を深める最初の一歩として、これらの推薦図書をお読みいただき、より良い社会づくりの一助となれば幸いです。

引用元: http://www.alzheimer.or.jp/wp-content/uploads/2019/01/booklet2019.pdf

たまたまホームページを見ていたら、自分の本も推薦図書になっていてビックリ!どういう基準で選ばれるのかを調べてみると、

推薦図書は、当会理事・全国の支部世話人からの提案を元に、総合的に判断したものであり、今後変更の可能性もあります。

引用元: http://www.alzheimer.or.jp/wp-content/uploads/2019/01/booklet2019.pdf

どなたかの目に留まったみたいで、大変ありがたいです!

わたしの4作品の中で選ばれたのが『がんばりすぎずにしれっと認知症介護』(新日本出版社)でした。わたしの本の推薦文はこう書いてありました。

認知症の母親を 6 年間『遠距離介護』する著者。自身の介護体験を踏まえて、認知症の症状をまるごと受け止めつつ「ムリをせず、ラクをする介護」を、家族ならではの目線で提案します。すぐに実践できる「ストレスを溜め込まない工夫」は、読むだけでも肩に入りすぎた力が抜けていく。

引用元: http://www.alzheimer.or.jp/wp-content/uploads/2019/01/booklet2019.pdf

他に42冊ほど推薦図書がありましたので、すべてご紹介します。認知症介護、当事者、物語、絵本、実用書など、かなり幅広く網羅されていて、発売から10年以上経過している作品もあります。

そういった作品を読むのですが、いわゆる言葉のチョイスに古さを感じる部分はあるものの、考え方や対処法は不変だなと正直思います。まだ読んでない本が結構あることに気づきました。

認知症介護の知識全般

認知症の人とのおつきあい (家族の心をととのえる対応と工夫)

認知症の人と家族の会 東京都支部
1,650円(10/06 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

マンガでわかる認知症の9大法則と1原則

孝博, 杉山
1,650円(10/06 13:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

気持ちが楽になる 認知症の家族との暮らし方

1,430円(10/05 21:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんばりすぎずにしれっと認知症介護

工藤 広伸
1,430円(10/05 19:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

介護体験

若年性アルツハイマーの母と生きる

岩佐 まり
1,300円(10/06 01:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

娘になった妻、のぶ代へ (双葉文庫)

砂川 啓介
Amazonの情報を掲載しています

“介護後”うつ 「透明な箱」脱出までの13年間

安藤 和津
2,150円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症家族のあゆみ

ああ認知症家族――つながれば、希望が見えてくる

高見 国生
1,760円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

男性介護

ケアメンを生きる―男性介護者100万人へのエール

津止 正敏
1,760円(10/05 22:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症の当事者が書いた本

認知症の私からあなたへ 20のメッセージ

佐藤雅彦
1,320円(10/05 19:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症になってもだいじょうぶ!: そんな社会を創っていこうよ

和子, 藤田
1,590円(10/06 13:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症の私は「記憶より記録」

大城勝史
1,650円(10/06 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-

智文, 丹野
1,595円(10/05 21:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

ぼくが前を向いて歩く理由―事件、ピック病を超えて、いまを生きる

中村 成信
1,760円(10/06 05:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症になっても人生は終わらない 認知症の私が、認知症のあなたに贈ることば

認知症の私たち, 丹野 智文, 樋口 直美, 大城 勝史
1,650円(10/06 01:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

私の記憶が確かなうちに

クリスティーン ブライデン
2,200円(10/06 13:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

認知症を乗り越えて生きる

ケイト スワファー
2,420円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

漫画・コミックエッセイ

ばーちゃんがゴリラになっちゃった。: 祖父母そろって認知症

ゆずこ, 青山
1,375円(10/05 21:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし (KCx)

ニコ・ニコルソン
5,510円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ペコロスの母に会いに行く

雄一, 岡野
1,320円(10/05 19:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

絵本・子供向け

だいじょうぶだよ―ぼくのおばあちゃん

和夫, 長谷川
1,320円(10/06 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

各種・認知症ケア・実用書

家族のためのユマニチュード: “その人らしさ”を取り戻す、優しい認知症ケア

ジネスト,イヴ, マレスコッティ,ロゼット, 美和子, 本田
1,710円(10/05 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

読み物

長いお別れ (文春文庫)

京子, 中島
726円(10/05 21:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

満月の夜、母を施設に置いて

1,650円(10/06 13:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

まちづくり

認知症フレンドリー社会 (岩波新書)

徳田 雄人
858円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

注文をまちがえる料理店

小国 士朗
1,540円(10/06 13:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

専門職・ケアマネジャー

ケアマネ応援!!自信がつくつく家族支援―介護家族のアセスメントと支援

認知症の人と家族の会愛知県支部ケアラーマネジメント勉強会
1,280円(10/06 09:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

ようこそ、認知症カフェへ:未来をつくる地域包括ケアのかたち

武地 一
1,980円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

報道・ルポ・社会問題

認知症鉄道事故裁判 ~閉じ込めなければ、罪ですか?~

高井 隆一
1,580円(10/05 19:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

介護殺人―追いつめられた家族の告白―(新潮文庫)

毎日新聞大阪社会部取材班
544円(10/05 22:00時点)
発売日: 2019/06/01
Amazonの情報を掲載しています

認知症・行方不明者1万人の衝撃 失われた人生・家族の苦悩

NHK「認知症・行方不明者1万人」取材班
1,300円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

ルポ 希望の人びと ここまできた認知症の当事者発信 (朝日選書)

生井久美子
1,650円(10/05 21:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

推薦図書は下記リンクより、PDFで確認できます。詳しい推薦文は、こちらをご覧ください。

今日もしれっと、しれっと。

【2022年 講演会開催】
10/14(金)岩手県花巻市 → 詳細はこちら


 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

2件のコメント

推薦図書、おめでとうございます。(と、言うべき?か、ちょっとわからないのですが。)
くどひろさんの本は、とても読みやすく、愛情も、励ましも、応援も、背中おされたり、おしり叩かれたり?(たぶん、そんなセクハラ?は、絶対ないけど。)もあり、で、勉強にもなり、介護家族のバイブル的な感じもして、(信仰心は、ないのですが。)感謝してます。

その他の本も、ご紹介下さって、ありがとうございました。読んで、みようと思います。

イライラしたり、悩んだり、ぐずぐずしたり、相変わらずの毎日ですが、今日もぼちぼち、暮らしたいと思います。

ひまわりさま

推薦図書に選ばれるのは光栄なので、ありがとうございます!

そしてバイブル的と言って頂けて、大変うれしいです!わたしも毎日が答え探しの日々ですが、しれっと介護していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(79歳・要介護3)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか