お盆の準備を超時短にしてくれた『ご先祖さま』という便利グッズに感謝!

お膳料理

ふるさとに帰ってゆっくりしたいのに、介護もあるのに、お盆の準備で時間を取られてしまい参った・・・という方に朗報です。

お盆の準備で面倒な仕事のひとつが、「お膳」のお供えです。仏教の場合は精進料理が基本なので、肉や魚を使わない料理を作り、お供えをします。

母が認知症になる前は、精進料理は自分で準備できたのですが、今はできません。そこで、岩手に住む妹に精進料理を作ってもらって、仏壇にお供えをしていたのですが、その妹も今年は仕事・・・さて、料理の苦手なわたしがとった手段とは?

『ご先祖さま』を購入する

和尚さんや、数少ない親族が家の仏壇を拝みに来るので、体裁を整えておかないといけません。母は料理の準備もしないのに「お膳はどうする?」と、わたしに連呼します。

以前は、近所のスーパーでお惣菜を買って、それをお膳に盛り付けていました。

ところが、お惣菜の煮物がなかったり、数種類のお惣菜を準備したり、お金もかかるので、他にいい方法はないかなぁと思い、Amazonを検索していたら便利なものがありました!

この面倒な精進料理を瞬時に解決してくれる、仏膳用惣菜セット『ご先祖さま』なる商品が!現物の写真がこちら。

仏膳用惣菜セット『ご先祖さま』の外箱

箱の裏面には、調理方法と盛り付け方法が書いてあります。

鍋でお湯を沸かすか、電子レンジで加熱。あとは盛り付けて、5分程度で精進料理が完成します。早い!

賞味期限が不明なまま、2箱セットをAmazonで注文してみたのですが、賞味期限は1年先でした。来年も利用できます。

賞味期限は1年後

早速、箱を開封してみると、こうなりました。

『ご先祖さま』の中身

え?これだけ?と一瞬思いましたが、そのまま銀の袋を開封します。

えんどう豆と漬物を湯で戻し、添付の味だしをお湯で溶いてだし汁を作って、それにわかめとふを入れればみそ汁が完成し、しいたけやにんじん、こんぶを入れて煮れば、煮物が完成します。

えんどう豆と漬物を湯で戻します

ご飯だけは自分で炊いて、盛り付ければハイ完成です。

わたしは超急いでいたので、最速で配達してくれる2箱セット1,330円を購入しました。シーズンを外したり、1箱だけ買えばもっと安く買えると思います。

わたしのような男性介護者や、料理する時間がない女性にオススメの商品です。もちろん食べられます。

超時短を実現してくれる『ご先祖さま』、とても便利で助かりました!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
10/18(金):長野県佐久市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
お膳料理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか