盛岡で迎えた台風19号を実家でどう備えたか?

雨戸

わたしは8日(火)から、いつもどおり盛岡に帰省しておりました。

今回の帰省の目的は、母を歯医者に連れていくこと、そして富士山へ日帰りで行くことでした。富士山は台風19号の接近のため、早々にチケットをキャンセル。東北にも台風がやってくるということで、実家も備えることにしました。

盛岡で迎えた台風19号

1か月前、都内で台風15号を経験しました。過去に経験したことのない風の強さに、家の中でも恐怖を覚えました。あの時の備えを、実家でも実行しました。

予報では台風来るって言ってるけど、それるんでしょ?
くどひろ
いやいや、それないって。

岩手は初の大雨特別警報だったようですが、確かに岩手まで台風が来たとしても勢力は弱まってますし、太平洋に抜けていくことが多いです。

あれだけアナウンサーの方が声を張っても、認知症の母には全く響きません。盛岡は大丈夫とか、根拠なき自信だけはあります。

「 どんだけポジティブなんだ・・・ 」と思いながら、わたしは家の雨戸を30年ぶりに全部閉めました。(記事タイトル下の写真)また車庫のシャッターを閉め、風で飛んでいきそうな物干し竿や庭にあった鉢植えなど、すべて避難しました。

お風呂に水をため、断水にも備えました。避難所は確認済みでしたが、改めて防災マップを見ると、洪水と地震で避難所が違っていました。

妹からLineがあり、わたしがたまたま盛岡に居てよかったと。今後、ヤバい台風が来たときは、都内の奥さんの体調を確認し、生活物資を万全にして、盛岡に行くようにしたほうがいいと思いました。

一方で、都内も心配です。NHK防災アプリ(←下手な区の防災アプリより、使えます)で河川の水位状況を見たり、twitterを何度も見ました。災害時にはtwitterは本当に役立ちます。奥さんは無事でしたが、首都圏があんな状態になるとは・・・。

盛岡は22時くらいから風・雨ともに強まり、築50年以上経つ家の雨戸はガタガタと揺れます。さすがにうるさくて、夜中3時に目が覚めたのですが、スマカメで1階の母を見ると、やはり音で起きたようです。

スマカメが映るということは、停電もしてない。家の前の砂利道に水たまりができていたので、それが家の方に入ってこないかを、トイレに行くついでにチェックして、こちらも問題なし。

太陽が昇ったあと、庭にはどこからか飛んできた葉っぱが散乱していましたが、大きな問題もなく、朝から雨戸を開け、避難していたものをすべて元に戻しました。母は、朝のニュースで初見のように驚いてました。当然、夜の暴風も覚えていません。

台風に慣れていない地域の感覚

雪に慣れていない地域の方が、ノーマルタイヤで車を運転して、道でスリップする映像を見て、雪国の方が信じられないと思うのと同じで、雪国の方は、台風に慣れた地域の方に比べて、「どうせ勢力は弱まる」「それほど影響はない」という感覚があるように思います。

ご近所さんは、屋根のない路上にしれっと車を止めてるし、雨戸を閉めているおうちも見当たりません。物干し竿もそのままで、意識が違うなと思いました。西日本豪雨を松山で、台風15号の強風を東京で経験したので、わたしの防災意識は本当に高くなりました。

認知症になってから、なぜか盛岡は災害に強いみたいな感覚になってしまった母。災害は今後どの地域にも起こり得るので、母にも緊張感をもって欲しいと思いました。

でも認知症が進行しているので、正直厳しいですね・・・。母の多幸感がハンパないことが、改めて分かりました。 一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
雨戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか