10分で聴ける介護ラジオ放送中!

認知症介護中に「おいしい牛乳」が必要になったワケ

岩手県出身者として、実家に帰ったらなんとなく岩手県産のものを買うようにしています。

なめこがスーパーの棚に3種類並んでいたら、多少高くても岩手県産を選びますし、ホウレンソウも同じです。本当に小さな小さな応援のつもりです。

全国的に有名な岩手の牛乳と言えば小岩井牛乳ですが、ちょっとお高いんですよね。なので、遠距離介護中は、記事タイトル下写真の岩手3.6牛乳をずっと購入していました。

認知症の母は無意識のうちに岩手3.6牛乳を飲んでおりましたが、今回の帰省から全国区である明治「おいしい牛乳」に切り替えることになりました。岩手の応援を止めてしまったのでしょうか?

母と息子で牛乳を分けた理由

正確には「わたしの」牛乳だけがおいしい牛乳に変更になり、母は岩手3.6牛乳のままです。

ある日、台所に設置してある見守りカメラを見ていたところ、冷蔵庫の前に母がいました。牛乳パックを取り出し、そのままキッチンに行ってコップで飲むかと思いきや、牛乳パックに直で口をつけてゴクリ。

ここは銭湯なのか? わたしには母が腰に手を当てて、バスタオルを巻いて牛乳を飲んでいるようにみえました。

コロナ禍の今、母が口をつけた牛乳を飲みたいとは思いません。コロナ禍でなくてもイヤですが、今は鍋も、わたしが取り分けたものを母には食べてもらってます。直箸は禁止にしてます。

わたし専用の岩手3.6牛乳を、もう1パック買えばいいんじゃないか? と思われるかもしれませんが、わざわざおいしい牛乳を選んだのにはワケがあります。

記事タイトル下の写真を、下記に再掲載しました。岩手3.6牛乳は2パック開いてます。母は賞味期限とか関係なく、目の前にある牛乳パックを開けて、直で飲んでしまうのです。わたし専用の岩手3.6牛乳を買ったこともありますし、名前を書こうと思ったこともあります。でも、そんな対策ではダメ!

2パック開いている岩手3.6牛乳

かといって、おいしい牛乳を「普通の場所」に置くと、同じように母が直で飲んでしまいます。

なので、冷蔵庫の野菜室の奥のほうに、わたし専用のおいしい牛乳を隠しました。おいしい牛乳にはキャップがついているので、横向きにして奥に隠せるのです。それにキャップがついているので、手が不自由な母は、面倒で開けないのです。

わたしはよく、冷たいブラックコーヒーに冷たい牛乳を入れて、アイスカフェオレを作ります。頻繁に飲むので、対策せざるを得ませんでした。

本当は、ジャムも怖いです。認知症の母は食卓に必要な箸、スプーンをよく忘れます。ジャムのスプーンを忘れると、目玉焼きを食べた汚れた箸でジャムをとります。くどひろ専用ジャムまで買おうか悩んだのですが、こちらは遠距離介護中だけは阻止できるのでやっていません。

ひとり暮らしが基本なので、自由にやってもらっていいのですが、わたしが帰ってきたときだけは、こういった対策が必要になるという、わが家の認知症介護の日常でした。

音声配信voicyの最新回は、講演会でよく話すあの話をフルバージョンで初めて話しました。いつもよりかなり熱く語ってしまったので、聞いてみてください↓

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか