認知症の母と息子の76歳Birthday Party

バースデーケーキ

少し早かったのですが、母とわたし2人で毎年恒例のBirthday Partyをやりました。

過去5年の誕生日記事を集めてみました。毎年お寿司とケーキでお祝いしているのですが、ケーキはホールケーキからショートケーキに変わり、すし屋もいろいろ変えています。

最近では、記事タイトル下の写真のように、ナンバーキャンドルで年齢を表す工夫もするようになりました。

当初は、Birthday Partyで母の記憶にくさびを打つ!みたいな考えがあったのですが、今はそういう思いもなく、しれっと開催しています。ろうそくの火のように、母の記憶もすぐ消えてしまうので。

認知症 誕生日 75歳

認知症の母と息子で祝った75歳の誕生日のはなし

認知症 年齢 何回も 対応

認知症の人に「わたし、いくつ?」と何回も聞かれたときの変わった対処法

『医者には書けない!認知症56のヒント』が月額980円の電子書籍の定額制読み放題「Kindle Unlimited」対象に!

誕生日

認知症の経過報告(2年と15週・16週間目) 72歳の誕生日とリフォーム計画

【認知症】母の誕生日を “歪んだ形” でお祝いする!




今回は特上寿司を出前で取ろうと電話したら、「今日は夜の部だけお休みです」と。ランチ営業だけの寿司屋ってあるの?と思いながら百貨店へ行き、お寿司とケーキを買って、自宅に戻りました。

その日は暑かったので、母はレディーボーデンの小さなアイスを食べ終わっていて、その2時間後から、誕生日をしれっと始めました。

あら~、お寿司なんて久しぶりね~、お正月ぶりかしら。
くどひろ
いやいや、2か月に1回は食べてるよ

母はひとり暮らしで、料理もなんとか作っていますが、何年かしたら、おそらく最後の砦である料理もできなくなると思っています。そんなレベルなので、普段の食事は決していいものではなく、わたしが帰省したときくらいは、外食に行ったり、寿司を食べたりして栄養補給をしております。

Happy Birthdayを母ひとりのために歌うのはさすがに恥ずかしいので、恒例のYoutubeの歌詞入りHappy birthday の曲を流して、ろうそくの火をフーっと母に消してもらいました。

アイスを食べてお腹いっぱいだったせいか、12貫のお寿司がどうにも多いと感じる母。

いや、わたしこれ全部ムリだわ
くどひろ
うそ、この前の回転ずしはこの倍以上食べてたよ

お腹いっぱいらしく、ケーキまでたどり着けない様子。

お寿司も最後の2貫はシャリは食べずに刺身で食べて、パーティは終わりになりました。

そして、2時間後・・・。

くどひろ
今日、デザートにケーキ買って来たんだけど、食べる?おいしいやつ
あら、ホント!食べる!

認知症介護のお手本のような展開に。

認知症の人に何か言っても伝わらない、どうしても嫌がる場合、少し時間を置くという方法をいつものように実践したら、母は喜んでケーキを食べてくれました。

こうやって来年も再来年も、家で誕生日ができるといいなぁと思っています。76歳を無事迎えられて、よかったです!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ