10分で聴ける介護ラジオ放送中!

認知症の母と息子の76歳Birthday Party

バースデーケーキ

少し早かったのですが、母とわたし2人で毎年恒例のBirthday Partyをやりました。

過去5年の誕生日記事を集めてみました。毎年お寿司とケーキでお祝いしているのですが、ケーキはホールケーキからショートケーキに変わり、すし屋もいろいろ変えています。

最近では、記事タイトル下の写真のように、ナンバーキャンドルで年齢を表す工夫もするようになりました。

当初は、Birthday Partyで母の記憶にくさびを打つ!みたいな考えがあったのですが、今はそういう思いもなく、しれっと開催しています。ろうそくの火のように、母の記憶もすぐ消えてしまうので。




今回は特上寿司を出前で取ろうと電話したら、「今日は夜の部だけお休みです」と。ランチ営業だけの寿司屋ってあるの?と思いながら百貨店へ行き、お寿司とケーキを買って、自宅に戻りました。

その日は暑かったので、母はレディーボーデンの小さなアイスを食べ終わっていて、その2時間後から、誕生日をしれっと始めました。
あら~、お寿司なんて久しぶりね~、お正月ぶりかしら。
くどひろ
いやいや、2か月に1回は食べてるよ

母はひとり暮らしで、料理もなんとか作っていますが、何年かしたら、おそらく最後の砦である料理もできなくなると思っています。そんなレベルなので、普段の食事は決していいものではなく、わたしが帰省したときくらいは、外食に行ったり、寿司を食べたりして栄養補給をしております。

Happy Birthdayを母ひとりのために歌うのはさすがに恥ずかしいので、恒例のYoutubeの歌詞入りHappy birthday の曲を流して、ろうそくの火をフーっと母に消してもらいました。

アイスを食べてお腹いっぱいだったせいか、12貫のお寿司がどうにも多いと感じる母。

いや、わたしこれ全部ムリだわ
くどひろ
うそ、この前の回転ずしはこの倍以上食べてたよ

お腹いっぱいらしく、ケーキまでたどり着けない様子。

お寿司も最後の2貫はシャリは食べずに刺身で食べて、パーティは終わりになりました。

そして、2時間後・・・。

くどひろ
今日、デザートにケーキ買って来たんだけど、食べる?おいしいやつ
あら、ホント!食べる!

認知症介護のお手本のような展開に。

認知症の人に何か言っても伝わらない、どうしても嫌がる場合、少し時間を置くという方法をいつものように実践したら、母は喜んでケーキを食べてくれました。

こうやって来年も再来年も、家で誕生日ができるといいなぁと思っています。76歳を無事迎えられて、よかったです!

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか