【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

認知症の経過報告(2年と51週・52週間目)盛岡は都会です!

盛岡

熊本ならびに九州地方のみなさま、余震には十分注意してください。

「認知症の経過報告」シリーズも今回で丸3年となり、次回から4年目に突入します。

ちょっと前にも書きましたが、この3年は病院を初めて受診した日を基準にしており、介護はこの5か月前から始まっています。

今後も継続していきますが、経過報告(●週)というタイトルは止めます。タイトル右上にあるピンの画のカテゴリ名が「認知症の経過報告」になっていたら、いつものシリーズだと思ってください。

さて・・・

認知症になってから、母の性格が変わってしまいました。ショックかといえば、最初こそ驚きますが今は笑ってます。わたしも変化してますしね。

そんなに自信家でなかったのが、何でも自信満々に話すようになりました。その中でも、「盛岡は都会」という自信に満ちております。わたしが25年前に上京したとき、よく言われたことは

くどう、青森出身だったよな?
くどひろ
ちげーよ、い・わ・て だよ
盛岡って、何県?仙台?
くどひろ
仙台は宮城県ね。岩手県の県庁所在地!

このやりとりは、人生で30回以上はあったと思います。そんな体験を多くしているので、盛岡を知らない人も多いだろうと思ってますが、母はこの会話が不満なようです。

全国のお天気がテレビで表示されると思い出したかのように、

なんで間違うの、北海道の次に面積の大きい県でしょー。北海道から順番に見ていったら、誰だって分かるでしょー。
盛岡って言ったら有名でしょ、わんこそばもあるし。なんで間違うの、信じられない!

全国の天気予報で、盛岡がないときも、

なんで盛岡出てないのー

割としつこいので、たまにこう質問してみます。

くどひろ
じゃぁ四国4県はどこか、言ってみー
・・・
くどひろ
自分の生まれ育ったところや住んだところは分かるけど、他は意外と知らないもんだよ
確かにそうよねー

妙に納得するのですが、その後も繰り返されるのはもう日常なので、スルーしたり中国地方全部言ってみーと質問に変えたりしてます。「5きげんテレビ」という夕方にやっている地元番組があるのですが、ほぼ100%毎日質問されることがあります。

このアナウンサー、地方から来たの?
くどひろ
どっちかって言うと、都会から来たんだけどね(笑)

日本の中心は、盛岡!的な発想です。地元の方以外がアナウンサーだと、納得してないというか・・・母の言動に対して、今までの「人生歴」を振り返ると答えが出ることがよくあります。

母はほとんど岩手県から出たことがないから、それを悔やんでいるのかな・・とも思います。もっと外の世界を知りたかった、でも貧しくてできなかったという後悔を、盛岡都会説にすることで自分を納得させているのかなと解釈しています。推測が正しければ、また認知症の奥深さを知ることになるのですが。

まっ、自信があることは悪いことではないのですが、たまにヘルパーさんに対して失礼があったりもします。失礼があること=距離が縮まった とわたしは思っているので、謝りながらもそういう説明をするようにしています。

トップの盛岡駅の現在の画像ですが、「おでんを食べた」という意味ではないです。「ようこそいらっしゃいました、盛岡へ」です。日本語ですが、英訳を見るとよく分かります(笑)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか