介護とお金のはなし

母(89歳)の子宮頸がんによる緊急入院に伴い、入院のための準備が必要になりました。準備するのはオムツ、入れ歯入れ、おしりふき、水(ペットボトルストローも忘れずに)、シャツ、毛布などなどです。認知症でもあるので、何かと面倒です。

■はじめての介護用品のお買いもの
おとな用のオムツって、買ったことありますか?わたしは初めての時、あまりの種類の多さにどれを買っていいか分かりませんでした。おとな用おしりふき?何かおとな用である理由はあるのかな とかとか、薬屋さんで立ち尽くしてしまいました。いずれこのネタは書くとしまして、

初回の入院時は妹に準備をお願いしたのですが、ここで妹が、

『ところでこれから手術やオムツ、いろんな介護のお金がかかるようになるんだけど、どうする??』

た、たしかに・・・・まだ始まったばかりだし、誰が介護用品代、病院代を払うんだ? 母は認知症でお金の管理も微妙だし、父は出て行ってお金もない。これは自分だなと。でも、これずっと自分が払い続けるのは、奥さんに申し訳ないし、総額でいくらかかるかも不明・・・・ でも働いているしなんとかなる!って、この時は思ってました。

89歳は後期高齢者
なんとかなるっ!にしても、コストはできるだけ安く!そう思っていたのですが、以前母が入院した時に、市に申請したら医療費が安くなったことを覚えていたので、後期高齢者である祖母にも何かと思って調べたら、ありました!!『後期高齢者医療 限度額適用・標準負担額減額認定申請書』 長いよ、名前が!で、これを市に申請すると、標準負担額減額認定証がもらえます。病院でもこういう制度があることを教えてくれます。

この魔法のパスがないと、医療費も食事代も大変なことになります。こちらのおかげである限度額で、請求がストップする仕組みです。これで医療費はある程度は抑えられるにしても、おむつ代はかかるし、ざっくり月8万円以上、年間で約100万を建て替えるのは、とても経済的負担がかかります。加えて実家までの交通費も含めたら、わたしが破たんです!ひぇ~

末期の子宮頸がんというのはどういうものかを、ネットで必死に調べながらもこの先誰がこの医療費を支払うんだ・・・、しかもいつまで続くんだ・・・ と若干落ち込みましたが、根拠もなく 『なんとかなるさ!』 と思ってました。こういう時に限って仕事って忙しいんですよね、はなまるうどんのかけ(少)ばかり食べていたんですが、奮発してかけ(中)にグレードアップして、自らのテンションを高めました。

東京でできる事は済ませ、いざ深夜バスで実家へ向かうのでした・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/18(日):岩手県八幡平市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか