遠距離介護の費用を節約できる「区報・市町村報」の活用

『自分は何を活用して、ここまで遠距離介護のチーム作りやケアプランを作ったんだろ??』
『遠距離介護でいろんな費用がかかった・・・・、でも何かを活用して節約はしたよなぁ~、何だろ?』

まずはインターネット。”遠距離介護” というかなり狭くてニッチなキーワードでは、意外と情報が集まりません。でもネットがないよりはあったほうがよくって、いろんな方の体験談を読ませて頂いて助かりました。あとは遠距離介護関連の書籍です、これも参考になりました。

ここまでは大方予想がつく話なんですけど、ここ半年間ずーっと目を通し続けていた、”普段なら捨ててしまうような、無料の紙” があった事に最近気づきました。ブログ画像で新聞紙だと思った方・・・ハズレです、新聞は無料じゃないので・・・・で何かというと?

市町村や区の公報はとても大切!

これ本当にバカにできないんです・・・、新聞をとっているおうちならば、チラシの間になにげなーく入っているあの紙です。遠距離介護を始める前は、特に読まずに古紙回収に回していたんですが、今は隅々までじっくり目を通すようになりました。

NPO法人パオッコさんも、『遠距離介護は情報戦』 という言葉を使ってます。情報を持っているものが何事も優位に事を運ぶことができ、情報を持っていない人のところには、どんな便利な制度も転がり込んできません。

『待っていれば市町村や区から、なんか連絡がくるんじゃないの~』

正直、連絡来るものもあります。がしかし、全部を市区町村が完璧に介護サポートしてくれはしないです。納税と一緒で、申告すればいろいろと還付される事もありますが、基本はこちらからアプローチしないと還付されませんよね?あの感覚をぜひ、遠距離介護する方にも持ち合わせてほしい!そう思います。

広報紙を継続して見ていると、いろんなお知らせが載っています。まずは、”制度系のお知らせ”。最終的には介護費用の節約につながるようなお知らせも多いです。例えば、後期高齢者の減額認定は×月末までに申請・・とか、広報紙読むまで知りませんでした。教えてよ~って、思いました。

あとは ”相談系のお知らせ” ですね。家族会が無料で相談に乗りますとか、相続の相談を弁護士が無料提供とか、市町村が提供するものは格安だったり、無料だったりと使わない手はないです。

あなどるなかれ、市区町村の広報紙! こういう積み重ねが介護費用の節約につながりますし、いろいろ相談にのってもらっているうちに、解決できることも多いです。しかも無料だったり、格安で!恐るべし、広報紙です。もうひとつ、遠距離介護の人ならではの裏ワザがありまして・・・

遠距離介護ならではの、W活用法ってなに?

わたしがもうひとつやっているのは、広報紙の見比べです。これは遠距離介護をしている人ならではの特典?だと思うんですが、介護先の市区町村と、ご自分が住まれている市区町村の広報紙を見比べてみるといいです。

例えば私ですと、東京都在住なので、区報を読みます。一方で介護している先の市町村の広報紙も読みます。”相談系のお知らせ” は、ぶっちゃけ東京のほうが充実しています。弁護士無料相談とか、区ではしょっちゅうやってます。地方はあまり充実していません。

両方を活用しちゃえばいいんです。わたしは区民なので、区民としていろんな相談に乗ってもらうようにしています。一方で制度系のお知らせの時は、介護先の市区町村の広報紙を活用しています。これって遠距離介護している人ならではの ”W活用法” だと思うんですが・・・

公共で使えるものはとことん使って、費用の節約をしましょう!そのためにも広報紙は目を通したほうがいいです・・・お宝が眠っております・・・・

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

【最新刊】 認知症の人と家族の会副代表理事・川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか