コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

東京から岩手への1.5か月の介護帰省を無事終えたわたしが感じた3つの誤算

東北新幹線

8月15日(土)17時51分盛岡発東京行き 東北新幹線はやぶさ38号の車内でこの記事を書いています。

お盆期間の土曜日、帰省ラッシュのピークのはずなのに、記事タイトル下の写真のとおり、盛岡駅新幹線ホームには人がいません。車内もガラガラで、密の心配は全くありません。

いつもなら認知症の母に「2週間後にまた帰ってくるから」と言って家を出ますが、コロナ禍の今、次はいつ帰省できるか正直分かりません。

認知症の母の症状の悪化への不安、「東京の人」プレッシャーから解放された安堵感、1か月半も長期滞在したことからくる寂しさが、かわるがわる襲ってくる不思議な感覚です。

次回の帰省が正月になることも想定して、東京から尿パッドを送ってもらい(なぜか盛岡で売ってない)、Amazonで母の口紅やローション、尿のニオイ対策の洗剤などを確保しておきました。

自分の荷物が多かったので、盛岡の郵便局から東京の自宅へ送ったのですが、東京の住所を送り状に書きづらく、送り先の名前を妻にして、わたしの住所は岩手の実家にしました。そう簡単には消えない「東京の人」プレッシャー。

一方で、風邪をひいたり、ケガをしたりしても、東京の病院に行ける安堵感は想像以上かもしれません。日本一感染者の多い東京へ帰るのに、なぜかホッとしているこの感覚を味わっている人は、日本にどれだけいるでしょう? 本題に戻りまして、わたしの介護帰省の3つの誤算のお話です。

悲しい誤算

盛岡への介護帰省を決めた1番の目的はやはり、介護保険サービスだけではカバーできない、母の認知症の進行がどれくらいかを、自分の目で確かめるためでした。

同じくらい大きな目的は、お盆の和尚さん対応です。母は和尚さんが来る日時が分からないし、お布施の準備もできないし、年1回だけくる親族にお茶も出せません。

当初盛岡に到着した6月末の時点では、和尚さんが自宅に来るというお手紙が来ていたので、そのつもりで準備をしていました。

しかし岩手でもコロナ感染者が出たのできっと、中止になったのだと思います。やむを得ないことですが、和尚さんが自宅に来るから、7月20日の帰京を1か月延期したところもあったので、肩透かしをくらってしまいました。そして8月8日のツイッター。岩手のお墓の様子、コロナの影響が思いっきり出ていました。

勇気と覚悟がなければ、墓前に立つことはできません。震える母を支えながら、お墓の前で無事手を合わせられて、本当に良かったと思いました。

うれしい誤算①

うれしい誤算は、岩手メディアを中心に、全国から取材や出演がたくさん来たことです。

運と縁が重なって、岩手のテレビ2局、ラジオ2局、新聞1社、全国もテレビ1局(断った)、新聞1社、Youtube2つと、8月上旬はほぼ毎日取材対応に追われました。新刊『親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと』(翔泳社)のことに加え、コロナ禍の遠距離介護のリアルについての取材でした。

緊急事態宣言中の東京では、ほとんど人に会わずに生活してきたのですが、今回の取材を通して急にたくさんの方と話す機会があり、自分の「のど」がついていけませんでした。

これだけの取材対応をもし、都内でやっていたらコロナリスクが高かったかもしれません。感染者が日本一少ない岩手県だったからこそ、成立したと思っています。

もちろん「のど」のケアもしっかりやったので、ガラガラ声にはなっていません。ただでさえ「東京の人」と警戒されているのに、ガラガラ声で話した時点で、取材&出演中止になってしまいます。

ちなみに新幹線に乗る直前まで、テレビ局のクルーの皆さんが盛岡駅でわたしを追ってました。でも、自分の映像を岩手で見ることができません、いつ放送になるのかな?

放送前なので撮影クルーの皆さんの足元を撮影

うれしい誤算②

「東京の人」プレッシャーと戦いながら、1か月半岩手で生活して、現地の空気感が分かりました。

介護もそうですが、何事も未経験、知らない不安は相当なものです。しかし1回経験できたので、岩手に帰るプレッシャー、周囲の反応がどういうものかを理解できました。

今回帰省を見送った多くの方は、これからも帰れない不安が日に日に増していくでしょうし、首都圏からの移動に対する誹謗中傷のニュースばかりが報じられるので、どんどん帰りづらくなると思います。

ブログでもご紹介した、Kログを使って毎日検温する習慣が身に付きましたし、岩手にいたおかげで抗体検査キットの存在を知り、2セット購入しました。

実際に帰省できた経験、抗体検査キットの入手など、想像以上のメリットが得られ、うれしい誤算となりました。

とはいえ、都内で感染者数が爆発的に増加すれば、不要不急の外出には当たらない介護であっても、移動はしづらく、最後は社会の空気で判断せざるを得ないです。

次回の帰省は10月中旬(予定)で、ビジネスホテルでの健康観察期間を長めに考えています。もちろん介護事業所、すべての了承を得ての帰省です。ホテル生活もそこそこ大変で、隔離されたホテルを脱走する陽性者の気持ちが、少しだけ分かります。

今までは東京2週間、盛岡1週間のペースで遠距離介護を続けてきましたが、コロナ禍では1か月単位で行き来できればと思っています。

この1か月半、母がブログネタをたくさん提供してくれたので、ブログネタに困ることはありませんでした。帰京後に1番大変なのは、ブログネタ探しかもしれません。

誰にも迷惑をかけることなく、無事1.5か月岩手で生活できてホッとしていますし、母の様子をこの目で確認できたことにもホッとしています。東京の人プレッシャーがなくなり、ホッとしています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか